わきまえと冷静に

この頃、毎日のように強風が続いています。家にいると「あれ?地震?それとも風?」と思えるくらいミシミシとした音や小さい揺れを感じる事が多いです。いつも、最近流行の強震モニタは夫と一緒にチェックをしています。このモニタは大きな地震が来るとすぐメンテナンス中と表示されたり、大勢の人達がアクセスをするから更新情報も全くつながらなくなることが多いですね。

防災科学技術研究所http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/

そこで途中より、USTREAMでいつでもどこでも強震モニタのライブ中継がどなたでも自由に見られるようになり、その横には皆でつぶやいたり、語り合ったりなどのソーシャルストリームやチャットがあります。これについてはどこでも付きものだが、中には迷惑な宣伝目的の輩も含まれていたり、言葉の悪いコメントもあるので、つまらないところで討論も目立ってきていると感じます。通常のTwitterでもそう。大勢のユーザーの前で本当にみっともないです。どうしても議論や討論をするなら、どこかの掲示板やオープンフォーラムにてやるべきだと思います。Twitterはつぶやくものですが、愚痴や不平不満は周囲に不快感を与えるのできちんとわきまえることがルール。

私は気象・地震の専門家ではないただの素人であるけど、これだけは言わせて下さい。強震モニタでは強震度は揺れ無しから青と緑、微震は黄緑~黄色、揺れが大きければオレンジ~赤となっているが、気をつけなければならないのはオレンジ以降で広い範囲で揺れることであると思います。それ以下ですが、多くの人はちょっと騒ぎ過ぎのように感じます。日本各地で部分範囲にちょっとでも緑や黄緑が集中していたりすると、確かに不安感に襲われますが、多少は天気の影響もあることでもあるし何とも言えません。もしくは一か所だけオレンジや赤の時もあっても、おそらくはそこの部分に関してはメンテもしくはエラーの場合であることもよく耳にします。

とにかく、すぐ不安や恐怖を感じる方は強震モニタをご覧になられない方が良いです。かわりに、落ち着いて自分にとって夢中になれることや好きなことをやりながら前向きに生活して欲しいと願います。例えば、自然の中でお散歩したり、サイクリングしたり、アロマテラピーを趣味にしたり、漫画を描いたりなどの方法を実行すれば不安感のストレスを和らぐことが出来ると思います。私もサイクリングや自然の写真を撮ったり、WEBサイト作りを考えたり、そして、聖書を読んでデボーションをしているうちに心の平安を取り戻すことが出来ました。

最後に、心配しなくても大きな地震がくる可能性は十分あると私は思います。ですから、いつ何が起きても1カ月分の飲み物や食糧、その他生活必需品を多く備えておくことです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村