私達の教会でクリスマス『弦楽アンサンブルコンサート』が行われました

いよいよ世界中で祝うクリスマスの日が来ました。日本全国各地にあるキリスト教会でも様々なコンサートが行われていることでしょう。私たちの教会でも一日早いのですが、23日(土)に所沢恵み教会(センド国際線教団内)にて『弦楽アンサンブルコンサート』が行われ、多くの方の集いがありました。コンサートの流れを写真にてご紹介します。

『弦楽アンサンブルコンサート』会場の様子

準備・リハーサル

午後4時半からコンサートを開始する30分前、ほぼ会場の準備が整えられています。コンサート終了後の軽食・デザートも既に奉仕スタッフたちの素早い手際によってセッティングされてお見事です。

始まる15分前くらいより、玄関から次々と来場者が入ってきました。

又、礼拝ルームでは子どもたちのハンドベルとコーラスのリハーサルが行われていました。指揮者は米国人M宣教師のご長男であるJ君が担当していました。

突然、M宣教師より奉仕の依頼を受け、教会メンバーの一員である筆者は玄関に立って来場者にプログラム配りと誘導をお手伝いさせて頂きました。

キッズコーラス&ハンドベル

この間の日曜日にクリスマス祝会で予行練習として披露した子どもたちのハンドベルと英語のコーラスの本番から始まります。皆さん、よくここまで練習を頑張りました!

弦楽アンサンブル

今年のクリスマスイブのキャンドル礼拝のゲストは3名の国立音学大学卒業であるプロの音楽家(ヴァイオリン・チェロ・ピアノ)を迎えました。ゲストの自己紹介と説明の後は、11曲の演奏が行われました。そのうちの3曲をYoutube動画でご紹介させて頂きます。

最初の一曲目は「もろびとこぞりて」です。

こちらは5曲目の「白鳥」によるチェロのソロによるものです。

10曲目では、来場者全員と歌う「きみは愛されためにうまれた」です。この曲作者は韓国人のイ・ミンソプ牧師が新学生時代に作詞作曲したものです。個人的に大好きなゴスペルソングでとても嬉しく感動しました。

全て演奏した曲目は以下の通りでした♫

  1. もろびとこぞりて
  2. あわてんぼうのサンタクロース
  3. ガブリエルのオーボエ 〜映画「ミッション」より〜
  4. うかれヴァイオリン(ヴァイオリン ソロ)
  5. 白鳥(チェロ ソロ)
  6. ハンガリー舞曲 No.6
  7. クリスマスキャロルメドレー
  8. 「くるみ割り人形」メドレー
  9. そりすべり
  10. きは愛されために生まれた
  11. あらのはてに

聖書朗読&メッセージ

弦楽アンサンブルの後、T姉による聖書朗読(新約聖書ルカの福音書1:26-31、34-38、マタイの福音書1:18-23)で救い主イエス・キリストがお生まれなる箇所です。

次に、M宣教師による10分間メッセージです。初めて教会に来られた新来者のために、本当のクリスマスについて聖書を引用しながら簡単に説明しました。

キャンドルライト

クリスマスイブコンサートといえば、キャンドルライトです。クリスマスソングの定番曲「きよしこの夜(Silent Night)」を歌いながら、配られたキャンドルに灯火を順々にまわしていきます。

コンサート・キャンドル礼拝後の楽しい交わり会

今年の軽食は一段と豪華でした!作って下さった奉仕スタッフの腕は本当に凄いです。筆者も見習いたいくらいです。

また、今年の来場者は何と過去最高の90名が集い、コンサートの後にすぐ帰られた方々もいらっしゃいましたが、残った方々も多くて賑やかな楽しい交わりとなりました。

多くの軽食・デザートを食べただけでも、十分夕飯のおかずとなってしまいました。

すべての集いに神様の祝福に感謝です!ゲストの方々、来場して下さった多くの方々、ご奉仕のスタッフの皆さん本当にありがとうございました!

来年のクリスマスコンサートも楽しみです!

Merry Christmas

ブログを見てくださりありがとうございました🎄
ブログ村 キリスト教