プチぶらり散歩:冬の曇り空 清瀬の小さな散歩道で見つけたもの

毎度のプチぶらり散歩です。年が明けて5日目は曇り空であり、あまり気温が上がらずに一日中寒かったです。そのために我が家でずっと石油ストーブをつけっぱなし状態であり、本当はこの日に散歩は控えようと思っていましたが、追加の年賀状を近くのポストへ出す必要があっためについでに東京・清瀬での軽い散歩と兼ねることにしました。

清瀬の小さな散歩道で見つけたもの

たかが小さな散歩といえ、身近なところに気付くものが多くあるものです。この日のカメラ撮影の収穫は以下の写真です。

清瀬中里の雑木林にある栗畑

清瀬せせらぎ公園の裏にある雑木林の細い歩道を歩いている途中、そばに畑があります。その畑にはいくつかの栗の木があり、手前の枝に三つの栗の殻斗が真冬でも最後まで耐えています。

殻斗の中身の実は入っているかはカメラのレンズを近づけても確認しづらいです

しかし、木の地面に落ちている割れた殻斗の中身はどうやら空洞のように見えます。そういえば、昨年の秋に近くの野菜直売所では栗が売っている所があったかどうかあまり記憶に残りません。

清瀬・中里の上空に複数のヘリコプター

清瀬・中里の農道を歩いている途中、上空には複数のヘリコプターが飛んでいました。恐らく自衛隊のヘリではと思うですが、キレイに列に並んで飛んでいます。

この頃、この近辺では飛行機やヘリコプターの数が頻繁なので、やはり北朝鮮ミサイルに対しての厳重警戒なのではと。今年の2018年は今後どのような年となるのかは予想も付きません。

空堀川(薬師橋付近)でコガモの群れ

この日の空堀川(薬師橋付近)では一羽のコサギ、カルガモの群れがいたのですが、その近くでフラッシュのような光があったので反対側の遊歩道にいる一人の女性がカメラを撮っていました。すると、河原を注意深く見ると小さなコガモ(メス)の群れを発見しました。いつも、空堀川というとコサギかカルガモの姿しか見ないのですが、この付近でコガモの群れは我々にとって本当に初めてです。

コガモたちはみな岩の苔を夢中で食べている様子でした。それより、コガモの派手なオスが見当たらないので何故メスばかりなのか不思議です。

この日は本当に寒かったけれど、少しの散歩することによっていろんなものを見つけて良かったと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました☃
ブログ村 ライフスタイルブログ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし