プチぶらり散歩:冬の晴れ間『夕方の空堀川で見つけたカワセミの姿』

この頃、プチぶらり散歩の記事を更新中です。1月10日のニュースによると、西日本から北日本にかけて、10日午後3時までの24時間降雪量が40センチを超えているところがあるそうです。その殆どが日本海側ですから雪は大変そうです。関東は週末にかけて寒気が強まる予報ですが、乾燥した晴れ間が続くので風邪を引かぬように健康管理です。

夕方の空堀川周辺をちょこっとぶらり散歩

まず、どうでも良いお話からですが、空堀川は境橋辺りで最下流であり、柳瀬川との合流地点であります。だから、橋の名前も「境橋」と名づけたのではないかと思います。さて、この日の夕方は空堀川のくるまや橋と境橋の間で見つけた収穫の写真を載せました。

空堀川(くるまや橋から境橋の間)のカルガモとコガモのコンビ

近頃、くるまや橋と境橋の間ではカモたちの姿が見かけなかったのですが、久しぶりにやっと1羽のカルガモを見つけました。しかし、その近くにもう一羽の小さいカモもいました。

カメラで拡大するとコガモのメスです。明らかにカルガモと大きさ、模様も異なります。しかし、カモたちは種類を超えて仲良く行動しているのだと感じます。

空堀川でついに見つけた!カワセミの姿

さて、我々は境橋を渡っている途中、橋から上流へ向けて眺めていたら青い鮮やかカワセミの姿がありました。ちょうど、カワセミはしばらく岩の上に止まってくれているのでシャッターチャンスを手に入れました。

さらに、カワセミは少し飛んで枯れ枝の先に止まりました。もう少し、カワセミのいる近くへ移動してカメラを撮りました。

カワセミの口ばし本当に鋭いです。

カワセミの後ろ姿です。久しぶりにキレイなカワセミが見られてラッキーでした!

柳瀬川(所沢市の清流苑付近)沿いに自然に成った夏みかん

さて、帰りに清流苑の柳瀬川沿いを歩いていると、夏みかんが自然に成っています。柳瀬川・空堀川沿いではこのように季節によって自然に果実が成る木が多くあります。いつも不思議に思うのは通りがかりの人は果実を自由に取って良いものなのか?と。(実際に取っている人は少ないとは思いますが。)しかし、清瀬の野菜直売所では夏みかんもよく売っていますが、個人的には苦味のある夏みかんはあまり好きではないです。

お尻のような形の面白い夏みかんがありました。

また、プチぶらり散歩の記事が続くと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました📷
ブログ村 ライフスタイルブログ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし