ついに念願タブレット ファーウェイMediaPad M5 8.4

日本ではiOSシェア率が約7割、やはり日本人はAppleのiPhoneやiPatが好きな国民なのでしょう。しかし、世界では逆にAndroidの方が高いシェアであるようです。例えば、日本人が海外へ高価なiPhoneを持ち込むと、各国の人々に羨ましがられるみたいです。でも個人的にはAndroidでも十分満足しております。

スポンサーリンク

2018年5月18日に日本国内で発売開始!ファーウェイMediaPad M5

中国・深センを拠点とするファーウェイ(華為技術)は、アップル、サムスンと並んで世界第3位と成長している企業です。日本ではドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・タブレットの機種にてよく使われています。ところで、ファーウェイはMediaPad M5を日本国内でも5月18日に発売開始しました。10.8インチの専用のタッチペン付き「HUAWEI MediaPad M5 Pro」、8.4インチの「HUAWEI MediaPad M5」は画像も美しく、音楽も素晴らしい機種であることが特徴です。

日本国内発売日の日にMediaPad M5が自宅に到着!

ファーウェイ「MediaPad M5」を発売される1週間前に予約注文していました。ところが、届いたのが何と5月18日の日本国内発売日にピッタリ自宅に到着したのです。これはある意味で記念になりそうです。

筆者は実を言うと、WindowsのPCとタブレットしか扱ったことがなく、未だスマートフォンなど一度も触れたことがありません。今の時代で何てお恥ずかしい!Windowsとは機能が異なるAndroidの初期設定でしばらく苦戦したのですが、旦那さんのサポートによって何とか上手くいきました。

筆者の場合は、外出でもコンパクトで持ち歩きやすい8.4インチの小型タブレットを選びましたが、それが何と薄型でありつつも素晴らしいスクリーン画像です。

今までWindowsしか使ったことのない筆者にとって、Androidのが画面はとても新鮮に見えてしまいます。また、使い勝手も思ったより良いです。早速、GoogleのPlayストアの中から必要なアプリを追加、iOSやAndroidにしか使えない欲しいアプリもダウンロード出来ました。

タブレット専用カバーも新しく購入

ファーウェイのタブレットに付いてくる黒いカバーもありますが、地味すぎるので別注で明るいカバーを買いました。

新しいタブレットには個性的な赤い色も良いと思って選んだものです。

このカバーを三つ折りにしてタブレットを立てることも可能。

感想

格安のSIMフリー対応のAndroidを求めようと、旦那さんが見つけてくれたMediaPad M5は美しいだけではなく本当に使い勝手が良いです。しばらく、最初の2週間位は自宅のWifi接続でもっと使い方を慣らし、その後はSIMカードでいつどこでも自由に使いたいと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました。
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク