なるべくシンプルメイクでいたい

日本女性は、世界の中では一番メイクやコスメにお金をかけているということをネットで知り、私は大変驚きました。しかも、アジアの中でも、特に日本女性は普段から濃いメイクが多い傾向らしいです。(ただし、中には逆にメイクやオシャレなど興味持たない女性もたまに存在します。)日本の間では、流行中の目ヂカラとかデカ目メイクが大ブームに思います。毎日、長い時間をかけてアイシャドウから濃いアイライン、さらに面倒なつけまつげまでして、日本の若い女性はメイクには多いに気合いが入っています。もちろん、中高年のオバ様にも厚化粧の方が多くいますけど…。今は身近なところで、朝は電車の中でキッチリメイクをする女性、デパートや駅などの公共場所にある各化粧室でも時間をかけてバッチリメイクする女性達もよく日常に見かけます。しかし、私自身これらは全く感心出来ません。逆に、日本特有のメイクの仕方に関する焦りや恥を知りました。

スポンサーリンク

欧米人の場合

欧米人女性のメイク事情を調べてみましたが、多くの女性達の普段はすっぴんもしくは、アイメイクをワンポイントにしているそうです。また、ファンデーションもあまり使用せず、かわりに強いUVケアや気になる部分のコンシーラ、簡単にお粉を叩くのみ。ただし、お仕事やパーティの時だけはきちんとメイクをするそうです。お手入れは、落としは乳液タイプをコットンにつけてアイメイクなどをやさしくさっと拭き取ってから軽く洗顔し、保湿力の高いローションでケア。ですから、アメリカやヨーロッパに来ている日本女性が日本にいる時みたいにフルメイクをすれば、現地の人達に「あれ、どうしたの?どこかでパーティがあるの?」と聞かれるそうですよ。

そういえば、私がいつも通う日本の教会にはアメリカ母教会から来た宣教師夫人達や大きな娘さん達は殆どすっぴんでした。お肌のケアについては詳しく聞きませんでしたが、所詮、青い瞳にホリの深いハッキリした顔立ちの方々なのでメイクしなくても十分キレイでした。うらやましい・・・。けど、こればかりは生まれ持ったものなので仕方がありません。

欧米人・ハーフ風メイク

今、ネットや雑誌、道端でよく見かける若い日本女性の顔はどう見てもみな同じに見えるのです。髪もブロンドなど明るくしたり、目にはカラーコンタクトをつけ、くっきりで大きく描いた濃いアイメイクやいじり過ぎた眉毛、欠点カバーの為にべたべた塗ったファンデーション、白浮いたファンデーション、濃い頬紅などみな不自然そのものです。確かに、アジア人(特に日本人)は昔から欧米人に対しての大きなコンプレックスを抱えてきたのも事実です。特に目や鼻、肌などありとあらゆる面で欠点を多いにカバーして理想に近づきたい願望が誰でも強いと感じます。しかし、よっぽどの美容整形でも根本的には無理です。無理に骨格を描くような欧米人・ハーフ風メイクしてまで、多くの日本女性達の心が本当に満たされているのだろうかと疑問に思います。

アジア人の魅力に注目

美しさや魅力は、必ずしも欧米人だけとは限りません。アジアでも、特に中国や韓国(整形大国ですが…)の女性でも中にはキレイな人達が沢山います。そこで、同じアジアであり、日本女性である私自身でありながら厳しいことをハッキリ申し上げたいのですが、今の日本女性の身だしなみは他のアジア諸国と比べて大幅に負けていると思います。中国や韓国の女性はあまり濃いメイクはしないそうです。肌もキレイで、美脚の持ち主であることも少なくありません。彼女達は表面だけではなく内面もしっかり努力しているからだと思います。それは、バランスの良いお食事(特に漢方や薬膳など)と独自の美容方法を実行しているからでしょう。美脚は、たぶん日本のような正座をする文化ではないため、O脚も少ないし、膝頭も小さくてくっきりとスラッとしています。さらに、アジア人としての美しさや上品さも感じられます。また、笑顔などの表情も豊かです。

昔の日本女性は美しかった

しかし、日本もかつては美しい女性が多かったと思います。今でも一部は素敵な日本女性が何人もいるのですが、一般的には減少していると感じます。メイクや眉毛も自然だったような気がします。90年代以前までしたでしょうか?今の中国や韓国女性のような清純な時代がありました。さらにずっと遡り、明治や大正時代の女性達の古い写真をみると、とても品性に溢れて美しいです。古い人の中でも、二重瞼で鼻筋の通った女性が結構いました。古き美しい日本女性の姿には、良い隠されたヒント(美しさの原点)が沢山あると感じるのです。ヒントとは何か?とは、人それぞれの考えですので、一人一人で見つけるものだと思います。もし、その大切なヒントを見つけることが出来たなら、今の日本女性達には外面と内面にもう一度見直して欲しいと願っています。

ポイントは自分にあったメイクがベスト!

メイクも洋服と同様に流行がありますが、ただ「自分も誰かのようにしたいから」とか「自分の周りにいる人達がこうしているから」といっているようではいけないと思います。それでは、本当の自分の姿にいつまでたっても出会えないし、自分にピッタリのものさえ見失ってしまいす。特に、日本女性が無理にメイクで欧米人顔作ろうとしても欧米女性達に負けてしまいます。やはり、日本人にあったメイクがベストだと思います。そこで、私がおすすめするのは、知花くららさんや森理世さんなどをミス・ユニバース・ジャパンの賞に導いた素晴らしいフランス人女性ディレクターです。アジア人女性の長所を引き伸ばしたイネス・リグロンさんのWEBサイトを是非ご覧下さい。http://inesligron.com/この方の指導を参考にして正しいメイクや振る舞いなど研究することも良いと思います。

やっぱりシンプルメイクがいい

私個人としては、これからはシンプルベストでいきたい考えです。無理に欧米人に目指すわけではありませんが、近隣のアジア諸国のような真の輝いた女性へ目指したいと思います。厚ぼったいフルメイクを避け、これからも正しいスキンケアや美容・健康管理、さらに時間のかけないポイントメイク(UVケアと部分コンシーラ、お粉、アイメイク中心)に切り替えることに決めました。後は、ありのままで生活することです。

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

スポンサーリンク