【所沢グルメ】はま寿司 期間限定メニューを食べに行く

所沢グルメを更新しました。今回は回転寿司のはま寿司です。最近、我が家で取っている新聞広告チラシの中ではま寿司の広告が入っていました。期間限定メニューで特に数量限定である金目鯛を主に食べに行ってみようと、又はちょうど1月の3連休もあって近所の店舗へ初来店です。さて、はま寿司で注文したメニューを試しに食べた感想は?

スポンサーリンク

はま寿司

外観

我が家から一番近い所沢安松店の外観です。店舗のそばには薬局のウェルシア、天然温泉湯の森所沢、パチンコ店があります。

内観

店内に入ってまず驚いたのは、受付ロボットでした。このロボットのパネルでカウンターかテーブル席を選び、人数を確定した後、隣の機械から席番の紙が出てきます。

もう一つ驚いたのは、休日の土曜日午後2時半だというのに殆どお客さんもおらず、席は全く空いている状態でした。ここ所沢安松店に限り、この先も長く営業をやっていけるのか?地元に住む我々にとっては今後の注目です。

それから、気になる問題点は注文レーンです。かっぱ寿司やくら寿司のように注文専用レーンに注文品が運ばれてくるシステムではないので、自分が注文した皿と他人が注文した皿との区別が付きにくく、間違えて他人の注文した品を取ってしまいそうになります。

メニュー

はま寿司の広告チラシで一番気になっていた数量限定の金目鯛です。旦那と1皿ずつ頂くことに。あれ?何かが足りない。気付いたのは、広告の写真のように刻みネギともみじおろしがのっていなかったことです。これは、単に調理スタッフのトッピング漏れなのか、ネギともみじおろしが不足していたかでしょうか。

しかし、それにしても残念ながら金目鯛の産地も分からないし(本当に金目鯛かどうかも疑わしいが)、脂が全くのっていないので味もいまいち、さらに、微妙に癖があるのがちょっと気になりました。これは100円寿司だから仕方がないと割り切っております。

次は鱈の天ぷらですが、衣もカラッとしていて、淡白な白身、これはなかなかいけます。でも、何かが足りない。同じ鱈の天ぷらでガーリックマヨネーズ入りが別のメニューにあることを・・・。

もう一つの鱈の天ぷら(ガーリックマヨネーズ)を追加。やはり、こっちの方が味が上がります。

筆者の大好きな海老、限定メニューにある天然生車えびの握りです。まあまあ美味しいです。

旦那が注文してみた厳選中とろを1貫ずつ食べみましたが、ネタの厚みや味もいまいちかと。

先日、和食レストランとんでんで食べた期間限定の本まぐろと比べてしまうと、100円寿司のまぐろは確かにグーンと劣ります。

ちょっと口直しに肉の握りへと注文。ローストビーフ(山わさび)はそこそこいけました。

どこの回転寿司メニューには必ずある定番の海老アボカドを追加です。やはり、たっぷりのスライス玉ねぎ(日本か中国産なのが微妙)とマヨネーズで食べると美味しいです。

さて、はま寿司にもサイドメニューを注目します。

今回、濃厚クリームスープパスタにチャレンジですが、麺の硬さもしっかり、ベーコンが入ったクリームスープは国産牛乳・バター使用とのことで、これはとてもコクのある良い味でした。

広告チラシの割引クーポンで一つ注目したデザートが、フランス直輸入の濃厚フォンダンショコラ(フランス語: fondant au chocolat)です。これは注文する価値は十分ありました。

しっとりしたチョコレートコーキの中央にはホットチョコレートが流れてきて、付いている苺に付けるとまるでチョコレートフォンデュのようです。これはコーヒーにピッタリ!

はまカフェのアイスカフェラテにいたしました。本当はホットコーヒーしようかと思っていたのですが、店内の暖房がかなり効いて暑いし、のども少し渇いたので、冷たいコーヒーを飲んだらホッとしました。

感想・その他

一番の目当てだった金目鯛がダメダメだったのが残念でした。静岡県稲取産の金目鯛と書かれていれば美味しかったんでしょうが、原産地が書かれていなかったので何となく嫌な予感はありました。目玉のキンメがこれだと客が少ないのも納得なような気もします。潰れないように頑張ってもらいたいものです。というのも、この店舗の半径500m以内では、馬車道が一昨年の8月に、シャトレーゼが一昨年の11月に閉店し、未だに空きテナントの状態が続き、ヤマダ電機もできたと思ったら早々に閉店してパチンコ屋になり、真向かいのスーパーバリューが今月27日に閉店と、かなり寂しいことになっているからです。もち吉が生き残ってくれているのが唯一の救いです。

ブログを見てくださりありがとうございました。
グルメブログ いろいろなグルメ
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク