【清瀬グルメ】くら寿司 再び限定メニューを食べに行ってきました!

毎度、清瀬グルメ更新です。いつも休日は散歩がてらに昼食もしくはカフェしに行く機会が多くあります。先日、我が家で取っている新聞の広告チラシにくら寿司の「数量限定 大間本まぐろ」、「伝説の赤鶏ゆずうどん」が登場。早速、自宅から一番近い東京都清瀬市の志木街道沿いにある店舗へ来店しました。さて、味わった感想をご紹介します。

スポンサーリンク

次の休日もくら寿司へ

土曜日、志木街道沿いにあるくら寿司清瀬店へ午後2時過ぎ頃に訪れました。ランチが過ぎて空いているものの、この時間帯を狙う来客も数少なくありません。

売り切れ御免!数量限定 大間本まぐろ(200円+税)

まず、筆者にとって目玉の一つである大間本まぐろを注文です。この日、まだ売り切れではありません。このくら寿司では以前にも大間本まぐろ数量限定で販売していました。その時も同じメニューを注文したことがあります。ただし、赤身のみです。通常、希少価値な大間本まぐろ大とろ、中とろを低価格にて出すのは難しいと思われるので、何とか赤身で一貫200円として抑えているのではないかと。

しかし、それでも通常のまぐろと比べれば、キレイな発色で赤身と脂身のバランスがよく、ねっとりした食感、癖もなく、まぐろ本来の風味もあります。それは、大間のまぐろ(クロマグロ)はイカやサンマ、イナダなど食べているから、当然美味しいわけです。

こちら、何故かもうひと皿だけ、ネタがちゃんとのかっていないものが来ました。まあ、回転寿司ですからね・・・。取り敢えず、大間本まぐろをここで美味しく味わえば上等です。

伝説の赤鶏ゆずうどん(370円+税)

これはとてもおすすめです。うどんはそこそこですが、赤鶏は癖もなく、柔らかくて脂身もあり、その出汁も良い味でした。

厳しい外食産業界、くら寿司もいろいろと研究して新商品を出しているだけに、頑張っているのではないかと思います。

くら出汁 たこ焼き(150円+税)

伝説の赤鶏ゆずうどんはなかなかだったので、次は気になったくら出汁たこ焼きを注文してみました。

これ一応何ちゃって、兵庫県の明石焼きといった感じです。昔、兵庫県に住んでたことのある旦那も一口味見をしましたら、出汁は関東向けに濃い味であるとのようです。彼に言われてみれば確かにそうです。

筆者も一度、関西に詳しい彼と関西慰安旅行へ行き、宝塚にある清荒神へ見物する際に参道のあるお店で明石焼きを食べる機会がありました。そのお店の明石焼きの出汁はとても上品な薄味でした。やはり、美味しいものは忘れられません。

宇和島産みかんぶり(一貫100円+税)

この間も7皿も食べてしまったみかんぶりをまた注文です。これは本当に美味しいです!

宇和島産みかんサーモン(一貫100円+税)

もう一つ、みかんサーモンですが、まあまあ美味しいです。個人的には、先ほどのみかんぶりの方が好きです。

熟成 中とろ(一貫100円+税)

旦那が試しに2つ注文してくれた熟成中とろです。やはり、先ほどの大間本まぐろを食べた後でしたから、食べられなくはないけれど、やや味は劣るような気がします。

それなら、次のメニューの方が全然良いかと思いました。↓↓↓

隠れメニュー!とろ鉄火巻き(今回100円+税)

この日、ラッキーなことに隠れメニューのとろ鉄火巻きがありました。しかも、通常はひと皿200円だったのですが、今回は100円と安くなっていました。やはり、夫婦2人で美味しく夢中になり、気付いたら7皿も注文していました。

銀鱈煮付け(一貫100円+税)

この間も注文した銀鱈の煮付けです。これは旦那のお気に入り一品です。でも、これも期間限定です。

えび天寿司(100円+税)

そして、えび天寿司をまた注文です。今回は夫婦で一本ずつ味わいました。相変わらず、くら寿司の天ぷらは熱々サクサクといけます。もしかしたら、何となく天丼てんやより美味しいような気もします。もし、天ぷらを気軽に食べたければ、天ぷら盛り合わせや天丼も置いてあるくら寿司でも良いかなと。

以上、夫婦で大満足!ごちそうさまでした!

ブログを見てくださりありがとうございました。
グルメブログ いろいろなグルメ
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク