プチプラファッションで何とか上品に着こなせることが出来る

若いうちならどんなファッションでも似合っていたのに、40代以降は、20代から30代の頃と同じファッションでは痛いものがあります。大人のファッションとは高級感だと思いますが、高価な服を一着だけ買おうと財布は苦しいです。しかし、心配は無用です。プチプラでも工夫次第で上品に着こなせることが出来ます!

スポンサーリンク

大人のファッションはプチプラでも十分ではないかと

その前に少々ファッションのことから遠い話となりますが、プチプラの意味・定義はご存知の方も多いかもしれませんが、つまり、俗に「安い」「お値打ち価格」と言う意味で用いられ、プチプラとは、正式に「プチプライス」を略した言葉です。プチ(小さい)、プライス(価格)で「少額」となります。プチプラという言葉は、2000年代半ば頃には「プチプラコスメ」とウェブ上で用いられるようになり、女性向けにコスメや服、日用雑貨など経緯のようです。つまり、プチプラは「安いけれど良い物」という良い意味ですから、大人のファッションもこれで十分かと思います。

筆者が知るプチプラファッション店リスト

個人的にプチプラファッションと言えば、まずはユニクロというイメージがありますが、他ににも知っている、又は利用したことのある店のリスト挙げてみました。

  • ファッションセンターしまむら
  • パシオス
  • 西友ファッション売り場
  • アストリア
  • ハードオフ(古着)
  • H&M
  • ZARA
  • トレファクスタイル(古着)
  • 軽井沢プリンスショッピングプラザ

以上、挙げた店舗は安くて良い物が必ず見つかります。ビジネスファッションやプライベートファッションなど豊富ですから、イザとなった時は有り難いお店です。

しかし、プチプラといっても物によっては多少高価に感じるものも少なくありません。案外多いパターンとは、一番お気に入りの服を値段で見ればちょっと高めだったことです。その服はファッション製高く、生地もしっかりした物なので「これを買おうかどうか?でも、もう少し安めの物で我慢しよう。」と考え込んだ末、やはり思い切って買いました。何故なら、もし、その日にお気に入りを買わなければ別に日にはそれは無くなるし、デパートや駅ビルで服を買うよりも安いと思うからです。ハードオフやトレファクスタイルなどの古着を扱う店では、人気ブランド服などの掘り出し物があります。一般服と比べれば少々高めですが、同じものを正規店で買おうとすれば、とても手が出せません。そう考えたら、古着屋さんで買ったほうが安くてお得感があります。一般服もブランド服も問わず、自分にとってお気に入りがあれば迷わずに買うことを是非すすめます。ただ、安さに衝動買いも要注意ですが、本当に必要かどうか?じっくり検討した方が良いと思います。

ZARAの服を安く買う方法

この頃、スペインのアパレルメーカーのZARAに興味があります。よく駅ビルなどに入っている店舗ですが、ワンピースやパンツなどオシャレで上品なものが揃っています。ZARAなら、40代でも上手く着こなせそうな物が豊富だからです。しかし、値段的には高めのなので、半分以上の物は諦めています。しかし、安く買える方法はあります。オンラインでセール品が買えるそうですが、筆者の場合は古着屋さんで探したり、ZARA正規店でひっそりセール品を探して手に入れています。値段は何と中には一着1000円以下で買える服がありました。以下の写真をご紹介していおきます。

まとめ

40代でお財布が苦しくても、プチプラ店や古着屋さんで自分に合う服やお気に入り服が安く買えること、一番お気に入り服は迷わず速やかに買うこと、安さにつられて無駄な衝動買いを注意すること、大人のオシャレを求めるならZARAでセール品や古着を探し出すことです。

そして、40代のプチプラファッションでのポイントは「清潔感」「上品」です。

ブログを見てくださりありがとうございました。
クリックはご自由にどうぞ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク