Dove(ダヴ)ビューティボディクリームが何と100円均一で!

4.5

石鹸やシャンプーなどで定番のDove(ダヴ)ですが、ユニリーバで保有でする製品ブランドであり、欧米やアジアで製造されています。又、その製品は35カ国も以上も販売されておりますが、その国々によって販売している製品が異なるでしょう。そのため、日本国内では未発売のものもありますが、それを手に入れることは案外簡単です。

スポンサーリンク

日本国内の未発売品Dove(ダヴ)が100円均一で買える

日本で販売しているダヴは、石鹸、シャンプー&コンディショナー、ボディシャンプー、洗顔料、クレンジング辺りで、スキンケア製品だけは見当たらないと思います。そのかわりニベアやヴァセリンなどの他製品はいくらでもあるからでしょう。しかし、ダヴの未発売品はもちろんネット通販から買えますが、実は身近なお店で買うことが出来ます。それが何と100円均一で売っていました。SNSによると店舗によってそれが売切れる所もあるようです。

インド製Dove(ダヴ)ビューティボディクリーム

日本未発売であるダヴビューティボディクリームですが、お近くのキャンドウやセリアで見つけることが出来ます。筆者の様子ではこちらは結構売れていました。

では早速、蓋を開けてみましょう。ダヴシートもそっと剥がすとややゆるいテクスチャー、上品なフローラルな香りがします。肌に付けてみると潤う感じで、後からさらっとします。特に乾燥してざらつく肘や膝手入れには良いでしょう。

ビューティボディクリームの成分

ビューティボディクリームの成分は以下の通りです。

【成分】水、パルミチン酸、ステアリン酸、加水分解水添デンプンミネラルオイル、ステリアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、ワセリンカカオ脂、オクテニルコハク酸デンプンA I、セタノール、水酸化K、フェノキシエタノール、ケイ酸(AI/Mg)、香料、カルボマー、メチルパラベン、プロピルパラベン、EDTA-2Na,ブチルフェニルメチルプロピオナール、炭酸K,シトロネロール、ヘキシルシンマル、リナロール、リモネン、α-イソメチルイオノン、クマリン、トコフェロール

成分のうち個人的に注目しているのは以下です。

まず、パッケージの通りに加水分解水添デンプン+カカオバター(カカオ脂)は肌を潤わせ、滑らかにするとのこと。つなり、カカオバターが肌に必要な油分を補いつつ加水分解水添デンプンが肌の水分を保ってくれる成分があります。それらに保湿性の高いワセリンも加わって乾燥を防いでくれます。

次に、桜のようなフローラルな香りは、香料もそうですが多分クマリンからです。これは桜の葉に代表される植物の芳香成分の一種です。主に桜湯や天然のオオシマザクラの塩蔵葉を用いた桜餅の香りはこれらに含まれるクマリンなどによるもの、又、シナモンの香り成分のシンナムアルデヒドやコーヒーの香り成分であるコーヒー酸とともに天然の香り成分として知られています。これに加えてリモネンは、ミカンなどの柑橘系に含まている成分であり、甘酸っぱく爽やかな香りで、リラックス効果もあります。

さらに、シトロネロールはアロマテラピーを学んでいる方はご存知の通り、精油に含まれる芳香成分の一つで昆虫忌避作用があり、防虫効果や虫よけ効果が期待できます。 シトロネロールは、特に蚊が嫌う香りだといわれています。

使用時の注意

肌を保湿して滑らかにしてくれるビューティボディクリームですが、いくつか注意点もあります。

クリームやクレンジングなどで使われるミネラルオイル(鉱物油)は黒皮症という油焼け問題になっていましたが、これは過去の話です。現在は不純物を完全に取り除いた精製度の高いものが使用されているそうです。

それより問題なのはリラックス効果の高いリモネンですが、光毒性があるので手入れの時には日中は注意して方が良いでしょう。また、香料も含めて肌の弱い方は使用中止しましょう。

感想

100円均一で売っているピンク色のDoveビューティボディクリームは、肌に合えば本当に買う価値は十分あると思います。しかし、香料が気になるのであれば青色のボディクリームがおすすめです。こちらの方は香りも控えめであり、用途も「皮膚の乾燥防止&肌荒れ防止」に適しているようです。次回は青色もぜひ買ってみようと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました。
クリックはご自由にどうぞ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク