頭皮のかゆみの原因は合わないシャンプーにあるのか?

シャンプーをしたその日なら良いのですが、1〜2日経つと頭皮のかゆみが気になってなりません。だからといって洗いすぎ、毎日のシャンプーも実は良くありません。洗いすぎてしまうと逆に抜け毛・薄毛・皮脂の過剰分泌の原因となるからです。頭皮のかゆみに関してはいくつか原因がある中、特に使用中のシャンプーが合わない場合もあります。

スポンサーリンク

シャンプーしても頭皮がかゆくなる!

頭皮についてお悩みの方は多くいらっしゃると思います。例えば、きちんとシャンプーしても「フケが出やすい」、「頭皮がべとつく」、「頭皮がかゆい」などです。今回は私自身の体験の元にして「シャンプーしても頭皮がかゆくなる」ことについてお話しします。

頭皮がかゆくなる原因リスト

頭皮がかゆくなる原因の代表的なリストを簡単にまとめていました。

  • 頭皮の乾燥
  • 皮脂汚れ
  • 雑菌・カビなどの繁殖
  • 頭皮の湿疹などのトラブル
  • ストレス
  • シャンプーが合っていない

まず、自分の肌に合ったシャンプーを選ぶこと

以前、通った美容室のスタイリストより、私自身の髪質は固めのくせ毛がで量が多くパサつきがあり、ちょっとの湿気で広がりやすいこと。また、頭皮も乾燥しているのでかゆくなる原因かもしれないと聞きました。

要するに水分と油分のバランスが必要とのことです。シャンプーやトリートメントも市販のものではない保湿成分の高いもの、洗った髪を乾かす前には必ず洗い流さないトリートメントを使うようにすすめられました。

しかし、美容室のシャンプーやトリートメントなどはとても高価で買えません。もちろん、市販のものよりもプロ用の方が高品質で効果も高いことは分かっていますが、どうしても無理です。

そのため、仕方がなく市販のシャンプーとトリートメントを使い続けています。今使用しているものは国内大手ブランドで髪のダメージに良いといわれるオイル配合の人気商品でありますが、洗った後は何となく刺激を感じるような気がしました。たぶん、頭皮にも良くない成分が多く含まれているからではないかと思います。

シャンプー&コンディショナー

そこで、今使用しているシャンプーを一旦止め、オーガニックのシャンプー&コンディショナーのトライアルセットをしばらく試してみました。すると、刺激も全くなく、頭皮のかゆみがピタッと無くなったのです。トライアルを全て使い切って、再び元の市販のシャンプーを使うと、またかゆくなりだし、やはり、シャンプーの成分に問題があると明らかに感じました。

なお、便利なリンスインシャンプーは絶対にお勧めできません。

また、全身可能なアイボリー石鹸で髪を洗ってみましたが、かゆみは無くても髪はキシキシするのでこれはダメだと思いました。石鹸はアルカリ性なので、髪には弱酸性の方がベストです。私自身が試した刺激の少ないシャンプーは、化学成分の控えめのアロマ系(オーガニック)もしくはアミノ系が良いことが分かりました。

正しいシャンプーの仕方もある

いくら自分の髪質や肌質にあったシャンプーを選んでも、手入れの仕方に問題があれば意味はありません。正しい手入れの方法は、某スタイリストよりアドバイスを頂いたものをまとめます。

  • 髪を洗うお湯の温度を37〜38℃が最適である。高温だと必要な皮脂やうるおい成分を失うため。
  • シャンプーをする時、指でサクサク洗う。絶対に爪を立てたり、ゴシゴシははNG。かえって頭皮に傷を付けてしまう。
  • コンディショナーやトリートメントは頭皮ではなく、毛先をしっかりなじませる。直接頭皮だとかゆみや頭皮のトラブルの原因となる。
  • 当たり前だが、洗い残しがないようにすること。
  • 洗った後、タオルで優しく水気を取る。ゴシゴシはNG。
  • 濡れたままの自然乾燥はかえって髪を傷める。必ず洗い流さないトリートメントをし、ドライヤーで髪の根元から乾かすこと。ある程度乾いてきたら、低温や冷風へ下げて櫛で整える。高温の長い時間のドライヤーはNG。

まとめは以上です。髪質や肌質は個人差がありますが、自分に合ったシャンプー選び(出来ればオーガニックなどのものを)、正しい手入れによって髪の健康を長く保つことが出来ます。後はストレスを溜めないようにする工夫も必要です。

ブログを見て下りありがとうございました🌼
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク