市販で安くて安心で優秀なシャンプーを求めて

年齢と髪質はとても左右してくると思います。筆者の場合、遺伝的なうねりのあるくせ毛でボリュームもあり、ちょっとした湿気でも広がりやすく、おまけに白髪で悩んでいるところです。本当は経済的に余裕があれば3ヶ月おきに美容院に通いたいくらいですが、そういうわけにいかず、何とかお金をかけずに若々しい髪を取り戻そうと求めています。

スポンサーリンク

髪の悩みやトラブルは合わないシャンプー

派遣で仕事している筆者は大した収入ではないので、美容院へ足を運ぶのは半年に1回といった割合です。普通にカットと白髪染めで数千円から1万円近くかかってしまうので、ホットペッパーなどの格安クーポンが使えるところを見つけて美容院へ行きます。確かに、スタイリストの技術によってヘアカラーもしっかり染まっているし、カットやブローですっきりキレイに生まれ変わります。しかし、自分で市販の白髪染めで染めたり、ブローをしても、美容院へ行った時のようにならないどころか、クシも通らないパサパサした老け髪状態です。一体何故なのか?多分、使っているシャンプーに違いがあるのではないかと思うのです。

美容室のシャンプーと市販のシャンプーの違いは何か?

いろいろな美容院で販売しているサロンシャンプーは確かに市販にはない良質なのものだと思います。しかし、値段がとても高くてとても手が出ません。さて、美容室と市販のシャンプーの違いを簡単にまとめると以下の通りです。

洗浄成分

まず、洗浄成分ですが、市販のシャンプーの多くは「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分が多いことです。いい香りと洗浄力の良さ、値段も安いのが最大のメリットですが、逆に髪や地肌に必要な脂分まで落としてしまうことがあり、パサツキなどのダメージが進行してしまうデメリットもあります。さらに、カラーやパーマのもちが低下してしまう原因にもなっています。また、恐ろしいことに抜け毛やハゲを促進させる成分は何とラウレス硫酸、ラウリル硫酸などのAES系界面活性剤などです。これは安い市販シャンプーに多いので注意しなければいけません。

一方、美容室においてあるサロンシャンプーは「アミノ酸系」と呼ばれる低刺激の洗浄成分を使用しているものが多いようです。市販のような洗浄力まではいきませんが、髪や地肌にやさしく、安全性が高い分、値段は高くなるというわけです。しかし、これを使用することによってカラーやパーマも長持ちします。

髪質・髪の悩み別

サロンシャンプーには、髪質や髪の悩みに応じて対応できるものも多いです。また、ヘアスタイルをキレイにする効果もあります。即効性というよりも継続して使うことで、外的ダメージから髪を保護したり、髪の悩みを改善していくものです。

市販のシャンプーは、低コストや宣伝などが主として、髪の改善別というよりも1回での使用感として「さっぱり」「しっとり」「ダメージ向け」「デリケート向け」といった種類を幅広く販売していることのようです。そうなるとかえって髪や肌に負担を与えたり、髪が整えにくい、髪がベタついたり、カラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの原因になるのです。

値段

良質なイメージのあるサロンシャンプーは低刺激なアミノ酸系洗浄成分、安全性の高さといった特徴で値段は高くなります。その上、ネットや市販にはないので、ここでしか求められません。そうなると、お手頃価格な市販の中で何とか良質なシャンプーを求めてしまいます。

プロが推奨する市販のシャンプー

市販のシャンプーもピンキリだと思うので、その中で求めやすい良質なシャンプーはないかと筆者は調べたところ、プロのスタイリストが推奨するものがありました。それはアミノ酸系です。いくつか例を挙げると以下がおすすめのようです。

Photo by Clean Wal-Mart

  • ディアボーテ オイルインシャンプー
  • いち髪
  • アミノメイソン モイスト シャンプー
  • ちふれ アミノ シャンプー
  • メルヴィータ オイルシャンプー リペア
  • ボタニカルシャンプー
  • ステラシード アミノメイソンシャンプー
  • レヴール フレッシュール モイスト ノンシリコンシャンプー

ただ注意点として、アミノ酸系が全ての人が良いとは言えません。アミノ酸そのもののアレルギー発症、洗浄力がマイルドな分汚れや皮脂が充分に洗い流されず、毛穴に汚れや皮脂が詰まり頭皮ニキビや不快なニオイを発生させるなどの頭皮トラブルが発症することもあります。

一番悩みに答えてくれるシャンプーはディアボーテオイルインシャンプー

筆者の悩みは以下ご覧の通りです。

  1. くせ毛・うねり
  2. ちょっとした湿気より広がりやすい
  3. パサパサ白髪でまとまりにくい

まずは、とにかくくせ毛で量も多く広がりやすく、思い通りの髪型は難しい方です。さらに、加齢ともに白髪も増え、20代から30代の頃よりパサつきが強くなっています。本当は3ヶ月に1度は良い美容院へ通ってキレイにしたいのですが、経済的なものがあるので年に1〜2度しか行けません。それで、仕方がなく、市販の白髪染めや白髪用カラートリートメントを使っていますが、これこそパサつきの原因の一つだと思います。また、市販のシャンプーも国内外有名メーカーのものを使ってきましたがなかなか思い通りになりませんでした。そこで、何とか美容院へ行った後のキレイな髪へ近づくにはどうすれば良いのかと考え、まずは市販の中でも優秀なシャンプーを求めることしたのです。

その結果、各プロのスタイリストからも推奨しているクラシエのディアボーテオイルインシャンプー「ひまわりシャンプー」にたどり着きました。3種(ピンク・オレンジ・グリーン)ありますが、特にオレンジが一番おすすめです。このシャンプーの魅力とは、リーゾナブルでサロンで使うシャンプーに近いこと、筆者が最も悩んでいる「うねり・くせ・パサつき」の目立たたないまとまりの良い髪へ導いてくれること、さらにヘアカラーの持ちも良くしてくれるからです。

しかし、ひまわりシャンプーはしっとりしているので全ての人が合うわけではありません。オイリー肌の人、新陳代謝の活発な20代の若い人には不向きです。どちらかといいますと、30代以上でドライ肌が向いているようです。まず、初めて使用してみたい人は100円くらいのお試し用から始めてみるといいでしょう。

記事をご覧頂きありがとうざいました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク