生活習慣の見直し!やはり朝型&適度な運動は正しいのだ

training photo

だいぶ前から朝型のメリットが多くあることをよく耳にしています。早朝4時から6時くらいに起床して、運動したり、読書したり、いろいろ計画を立てたり、余裕を持つことはあらゆる分野において生産性アップします。また、美容面では、まず早寝でしょう。理由はご存知の通り、成長ホルモンは夜22時から深夜2時にかけて活発となるからです。

スポンサーリンク

朝型へ変え、適度な運動を続けるとメリットが沢山ある

管理人は、いろんな記事を見ているのですが、ストレスや不調の一番の原因はまず「運動不足」となっています。米国の科学や医療などの英文記事をよく読んでいる旦那の話では、運動不足とはストレスや心臓病、ガンなどのあるゆる病気の最大の原因であるとハッキリと証明されたとのことです。

また、朝というと苦手意識の方の方がなり多いかと思いますが、成功者の9割が「朝型人間」だそうです。著者の塚本亮氏の『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』という本がありますが、そのうちの「すぐやる人は朝を大切にし、やれない人は夜が遅い」という5章の例もあり、それぞれのメリットをその場で体験したものです。詳しくご興味ある方は購入されることをおすすめです。さて、本記事を書いた理由について管理人の苦い体験を通してお話を進めたいと思います。

気付いたら夜型になっていた

まず、管理人はちょうど一年前に予期せぬことが起きたため、結果的には失業に至りました。それは自ら望んだ失業ではなく、事業先側の意思による問題です。それから、フリーとなり、市役所での手続き、ハロワの手続き、時々気分転換に外出する以外は殆ど自宅にいる時間が多くなりました。ここからが問題となります。

一応主婦ではありますが、長い間に自宅に閉じこもると、やはりダラけてしまいます。自由な時間だからこそ、夜遅くまで起き、起きるのは朝8時半から9時になることが多くなっていきました。この悪循環により、失業手当受給期間(昨年4月〜8月末まで)から現在の零細企業(家族経営)での短時間パート仕事までにも至っております。

何故なら、今の短時間パートは週3日(火・木・土)であり、火・木の2日間は午後出勤(13:00〜17:00)、忙しい土曜は午前10時から16:00までのシフトとなっているからです。土曜出勤と日曜は教会へ行くために朝7時起きですが、月〜金曜までは遅起き状態です。まさに気付いたら完全に夜型人間となっていました。そうなると、一週間の大半はダラダラとした生活となり、家事から勉強なども捗りにくくなっていきます。また、集中力低下、モチベーション低下、精神的にも不安定へつながっていきました。

今、夜型生活の危機感が強まって、これから朝型生活へ取り戻そうと、春に向けて、かつての朝通勤への転職をしようと決意しております。

知らずに運動不足

夜型の次にくる危機は、知らない間に運動不足となっていたことです。失業期間に問題が起こりやすいの運動不足だと思います。私は家の掃除や食事作りの立ち作業もしますけれど、これだけでは運動の一部にはならないのです。一番気になったのはポッコリお腹です。さすがに、義母や旦那も気付く程です。ちょっとへこみます・・・。

さらに、失業や今のパート仕事など細々なストレスより、偏頭痛の大発作、婦人病の悪化、背中の上部の急な痛み(ストレートネック)が起こりました。いつも口うるさい旦那よりキツイ一言「すべて運動不足が原因だよ。」と何度も繰り返されています。

ついに、転職探しに向けての今は、首や肩回りのストレッチ、歯磨きしながら階段での足踏み運動、一日おきの軽い筋肉トレーニングを始めております。特に、筋トレは少し行うだけでもスーッと体のコリが取れます。このまま継続すれば元の健康状態へ戻ると期待感が湧きました。

本来、人間は働くように作られている

人間は働くために作られており、もし何も動かなくなったら使われない筋肉がどんどん機能が低下し、さらに心臓にも大きく負担がかかるのです。現代生活のそのものを考えると、本来使われない筋肉が多いので、正しい動きも知らぬまま、いつも同じ筋肉や姿勢だけで酷使されているということになるのです。これを真剣に知ると恐ろしいと思います。

あとがき

やはり、出来るだけ生活リズムを崩さないようにすることが大切だと痛感しております。早寝早起き、適度な運動が心身の健康回復、生活習慣病予防、そして色んな面での成功へつながるなど、メリットがだらけだったのです。

それから、22時から深夜2時の間に寝るのではなく、この時間帯の意味とは成長ホルモンが活発になる時間を指します。しかし、ある記事によると、個人差はあるものの、実際は最初の3時間(深夜0時〜3時)をぐっすり眠ることが重要のようです。適度な運動をして早寝をする習慣が身に付いていれば、質の良い睡眠への大きな期待となりそうですね。そして、スッキリとした早朝!管理人もこのようになりたいです。

ブログを見て下さりありがとうございました。
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク