【美容・健康サプリ】梅肉エキスは免疫力の効果は最強!他にも凄い!

40代からオーガニックや健康志向の意識が高まってきた私たちの間では多くの健康茶やサプリを久々に購入しました。今回は健康サプリの一つ、梅肉エキスの強い効果を体験を元にご紹介します。今まで梅肉エキスはペースト状を利用していましたが、ちょっと面倒なので凝縮した粒状へ切り替えました。その方がとても飲みやすいからです。

免疫力を求めるなら梅肉エキスをおすすめ!

梅肉エキスの効能・効果

通常の梅干しとは比較にならない程、梅肉エキスのパワーは非常に最強です!梅の研究会では、およそ18大効用が証明されています。以下、ストレス社会に生きる現代人にとって、健康維持するためにはとても重要ものばかりです。

  1. インフルエンザを予防する
  2. 抗アレルギー作用
  3. 活性酸素消去作用
  4. カルシウムの吸収率をアップ
  5. 抗ストレス作用
  6. 殺菌作用(MRSAやピロリ菌などを殺菌)
  7. 強力なアルカリ性食品
  8. 胃腸の活性化作用
  9. 疲労回復作用
  10. 血圧安定作用
  11. 肝臓の保護・強化
  12. 美容効果
  13. 血流改善作用
  14. 免疫細胞マクロファージの強化
  15. ガン予防効果
  16. 結石予防効果
  17. 鎮痛作用効果
  18. 痛風予防効果

特にアンチエイジング、ストレス予防、生活習慣病予防にはアラフォーの自分でも必要なものばかりです。私自身は梅肉エキスを続けてからここ2〜3年間は風邪を引く回数は減り、酷くこじらせることも全く無くなりました。それだけ、梅肉エキスには抗菌作用が強力であることを実感しています。

梅肉エキスのタイプ

梅肉エキスを製造販売をしているメーカーさんは複数あり、独自で開発した商品も多く売られています。また、梅肉エキスそのものもタイプがあります。

ペースト状タイプ

不老梅本舗 純梅肉エキス

こちらは梅肉エキスの原液となるペースト状です。我が家は不老梅本舗の100%純梅肉エキス(300g)を愛用しています。もうすでに半分の量は切っていますが。ただ、原液をほんの一口だけでもめっちゃ酸っぱいです!ですから、コップにティースプーンのほんの少量の梅エキスを入れ、オリゴ糖、水もしくはお湯で割って飲んでいます。

梅肉エキスは一体どのように作られるのか?不老梅本舗の製法の例を挙げましょう。

純度100%の梅肉エキスの作り方は、青梅を砕いて種を取り除き、果肉を搾って果汁にし、その果汁をじっくり時間をかけて煮詰めていくだけ。

言葉にすれば簡単な作業。

でも、そこにはいろんなこだわりや初代から続く伝統の技術、そして受け継ぐ想い願いが詰まっています。

初代から80年受け継がれる伝統製法で、店主が20時間以上もの加熱時間をかけて作る梅肉エキス(梅エキス)は、青梅1kgからわずか20gしか作れない希少品。

梅肉エキスは調味料など一切使用せず、ただ集めた梅肉果汁をじっくり煮詰めてを濃縮したイメージですから、かなりの強烈な酸味となります。この強烈な酸味が健康体にしてくれる大きな働きがあること、これを考えた昔の先人の知恵にも驚くばかりです。

粒状タイプ

梅肉エキス粒状

最近、初めて購入した横山食品の粒状タイプです。原料は梅・米粉・澱粉のみの無添加を選びました。今までのペースト状タイプは、いちいちスプーンで取らないといけないので時々面倒だと思うことがあります。そこで便利な粒状タイプならいつどこでも召し上げれます。ドライブや旅行などにもおすすめです!

某口コミでは、海外へ行く時は必ず梅肉エキスの粒状を持参する人もいます。何故なら、衛生観念の少ない国では食中毒となる危険性もあるで、梅肉パワーによって抗菌対策にもなるからです。

その他

粉末タイプやカプセルタイプなどもあるのでお好みに応じて選ぶと良いでしょう。また、お子さんでも召し上がりやすい甘口に加工したもの、梅肉ドリンク、梅肉ドロップも売っています。

注意点

梅肉エキスは抗菌作用が強い分、ものすごく胃腸に負担がかかりやすいのでいきなり空腹時は絶対に避けましょう。

また、ビンに入っている原液のペースト状は清潔なスプーンを使い、使用後は水分や不純物にも入らないようにしっかり蓋をし、常温で保存して下さい。直射日光も避けて下さい。濃度が高いため膨張する恐れがあるからです。 これをしっかり守れば何年も保存が効きます。

以上、疲れやすい、風邪ひきやすい、アレルギーを持っている、ストレスに弱い、胃腸も弱いなど虚弱体質の方には梅肉エキスが一番おすすめです!何でも健康食品は即効性を求めるというよりも、焦らず気長に続けることが体質改善へ繋がっていくものだと思います。梅肉エキスはまさに漢方そのものです。

ブログ村 ライフスタイルブログ