生協(生活クラブ)・平田牧場 金華豚肉はとても美味しい!

今日は国産の豚肉ついてです。豚肉にもランクがあり、銘柄が付くような豚肉は牛肉と同じくらい値打ちがあります。しかしながら、良い豚肉とは、味の方も臭みが無く、上品な脂身、とても柔らかい食感が特徴です。また、高品質な豚肉は健康においても良いのです。その中では生活クラブで取り扱っている平田牧場の金華豚についてご紹介します。

スポンサーリンク

生活クラブで取り扱う平田牧場の豚肉

平田牧場は山形県庄内地方にあります。山形県と言えば米沢牛が有名なのですが、豚肉も三元豚なども生産しているようです。義母が会員で入っている生協(生活クラブ)では平田牧場の豚肉を取り扱っており、最近の注文カタログを見たら「金華豚」と呼ばれるものを見つけたのです。

「金華豚」と言えば、世界三大ハムと呼ばれる中国の金華ハムの原料として有名です。その「金華豚」が日本に入ったのはつい最近であり、とても貴重な豚です。早速、生活クラブで注文して買った「金華豚」の切り落としを調理してみることにしました。

金華豚入りのチゲ風味鍋

これは我が家流のチゲ風ですが、後期高齢者の義理両親や心疾患の旦那のために、辛さはグッと抑えています。個人的には辛党なのですが、そこはがまん・・・。今回の「金華豚」を使うだけで一味違う鍋となりました。チゲを食べた義母は体がポカポカと温まって大好評。食べたその豚肉も私たちは驚くほど「美味しい!」と絶賛してしまい、次回も「金華豚」を使ったチゲ鍋を再度作ろうと予定しております。

材料

  • 平牧金華豚(豚肉切り落とし)・・・1パック180g×2
  • キムチ(鶴橋)・・・1パックの使い残ったもの
  • 木綿豆腐・・・2丁
  • にんじん・・・1本
  • だいこん・・・適量
  • 白菜・・・適量
  • 長ネギ・・・3本
  • だし醤油・・・味付け
  • みそ・・・味付け
  • にんにく(すりおろし)・・・3欠片分
  • ごま油・・・お好み

作り方

  1. 大鍋に水を半分くらい入れて沸かす。
  2. 湧いてきたら、だし醤油、溶き味噌、すりおろしにんにくで味を調える。
  3. 味を調えたら、豆腐、豚肉、各野菜を適量加える。
  4. 仕上げにキムチを加え、香りにごま油をかける。

あとがき

決して本格チゲ鍋ではありませんが、高齢者でも辛くないように何とか味を工夫しました。ポイントはキムチの量、すりおろしにんにく、ごま油、だし醤油だと思います。豚肉は癖もなく、あっさりとした「金華豚」のようなものは本当に鍋に最適であることが分かります。

ブログをみて下さりありがとうございました🍲
グルメブログ いろいろなグルメ

スポンサーリンク