【40代の女】まだみっともない白髪との格闘スタート

40代はもう白髪が生えてきてもおかしくはない年代である。しかし、最近は若年層でも白髪で悩む人も少なくはない。自分は25歳を過ぎてからぼちぼちと白髪が目立ち始め、30代以降になるとさらに頭上の生え際からややメッシュになっていった。今ではすっかり白髪染めしないとお出かけする時や再就職する時など困ることになる。

スポンサーリンク

残念だけれど白髪は避けられない

白髪の原因は専門家でも完全に解明されていない状況です。年齢ともに白髪が生えることはごく当たり前ですが、若年層の白髪も深刻な問題があります。それはストレス社会だからだと思います。まだ、薄毛でよりは白髪の方が全然マシなので、白髪染めさえすれば良いだけです。

若い人たちには勝てませんが、40代以降は磨き次第によってそれなりの美しさ、品性、カッコ良さがあらわれると思います。

老けた印象を抑えるにもまずは白髪染めから

毎回、美容院へ通うのは経済的にきつい

私自身の髪質は硬めのくせ毛で広がりやすくてパサつきやすいドライヘアです。たまに、美容院へ行くと、どこのスタイリストも「地肌が乾燥しています」とよく言われます。

しかし、髪質そのものは、年齢の割にはしっかりしており、量も多いとほめられます。そのため、髪が硬いということは、逆に言えばヘアカラーが染まりにくいという美容院も何件はありました。ですが、ヘアカラーの技術が発達しているところはしっかりと染まりましたので、白髪なんて絶対に何とかなると私は確信しています。

ヘアカラーと白髪染めの違いについて、あるスタイリストは「同じである」と言っていました。同じなら別にどっちでもいいのではと思うのです。ヘアカラーするなら、カラーが得意な美容院へ行けば良いわけですが、毎回お金がかかります。美容院へ行けない長い間は、やはり自分で染めるしかありません。。。

市販 ビゲンのヘアカラートリートメントを購入

白髪染めと言えば、昔からあるビゲン。とうとうビゲンをも使う年齢となってちょっと悲しい気持ちになります。。。市販のヘアカラーや白髪染めはピンキリです。

私は、近くにウェルパーク(いなげやグループ)にて、一番安くて楽なカラートリートメント(ナチュラルブラウン)を選んで買いました。ところが、価格が安いだけに某口コミサイトの評価はそれほど高くなく、あるいは他の白髪染めのブログを拝見しますと、あまり染まらないとなっています。

取りあえず、使用の説明は以下の通りとなっております。

【使い方】
1. シャンプー後、タオルで水気をよく切ります。
2. 適量(ショートヘアでピンポン玉約1個分)を手に出し、頭皮にすり込まずに白髪の部分を中心に髪全体に塗布します。
※数回に分けて塗布すると、よりきれいに染まります。
※白髪が気になる部分には、たっぷりぬってください。
3. そのまま5分ほど放置します。 ※さらに時間をおくと、より効果的です。
4. その後、充分すすぎます。 ※シャンプーは不要です。
5. 汚れてもかまわないタオルでふき、しっかり乾かします。

取りあえず、1か月間は説明の通りに実行してみました。

使用1回目

説明では5分となっていますが、10分以上放置してみました。当たり前ですが、まだ一回目なので全く実感がわきません。

使用3回目


いかがでしょうか?使用3回目より、何となくですが、白髪にほんの色づき始めたといった感じですが、まだまだ白髪は目立ちます。

使用7回目

7回目ですが、白髪と茶色に染まっているのとムラがあります。

使用9回目(最新)

何となく全体的に白髪から茶色へ染まりつつあります。しかしながら、初回と比較すればまだマシのような気もします。

結論

ヘアカラートリートメント1本だけでは、完全に白髪が染まることは難しいと思います。まずは、同シリーズの2層式の白髪染めでしっかり染めてから、次回はカラーをキープするためにこれを使った方が効果的かもしれません。要するに、ヘアカラートリートメントはあくまでもヘアカラーの補助として使った方が良いのでしょう。

しかし、2層式を使うのは面倒ですし、これとヘアカラートリートメントを両方買うのであれば、もう少し価格を張ったヘアカラートリートメントにて試したいです。

というより、とにかく見っともない白髪を目立たないようにすることが目的。近々職場を変えようと考えているので、いつか面接へ行っても恥ずかしくない清潔感の印象にしたいと思います。

ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし

スポンサーリンク