プチぶらり散歩:清瀬市中里から所沢市下安松を1時間歩く

プチぶらり散歩の記事を書くのは久々です。筆者たちは埼玉県所沢市に在住ですが、ちょうど東京都清瀬市との境目にあります。そばには東京都と埼玉県と入り組む柳瀬川が流れており、この周辺でいつものように散歩し続けております。また、両地域も畑が多く、野菜直売所も数ヶ所あっていろんな野菜が売っているので毎回楽しみです。

清瀬市中里と所沢市下安松の境目を1時間歩く

特別な激しいトレーニングでなくても、軽い運動である散歩は心も体にも良いものです。今回のプチぶらり散歩は東京都清瀬市中里と埼玉県所沢市下安松の境目を1時間かけて歩きました。筆者たちにとっての散歩は1日最低短くて20分から長くて2時間かけての歩く時もあります。やはり、時間が長めの方が自然と汗ばんでいくので、「ああ、これで充分散歩した」といった実感が湧き始めます。

柳瀬川の土手(所沢市側)へ上がり込むカルガモの群れ

清瀬市中里4丁目付近から柳瀬川遊歩道へ入った時、向こう側(所沢市)の土手にカルガモの群れが上へ登っていく姿を目撃しました。

しかし、よく観察してみると、カルガモたちの大きさの違いにお気付きかもしれませんが、真ん中上の1羽だけが大きく、残りは一回り小さい感じです。恐らくカルガモの親子ではないかと思います。ヒナたちが段々成長しているので、親が先頭に立って高い所へ上がり込む訓練をしているようにも見えます。

先に草むらへ入り込んだ親は、首を真っ直ぐ伸ばして辺りを確認している姿は関心させられます。

グリーンヒル自治会内(所沢市下安松) 野菜直売所

柳瀬川遊歩道を上流方向へ歩き、松柳橋(しょうりゅうばし)へ渡り、遊歩道から外れてグリーンヒル自治会内の住宅街へ移動し、野菜直売所へ寄りました。

すると、上記の写真で紫ナスとピーマンの中央に白いものが・・・。一瞬、大根のようにも見えましたが、これは「白ナス」でした。あまりにも珍しいので思わず白ナスを買いました。

端にはラグビーボールのような形のロロカボチャもありました。ちなみ、正式名は「ロロ」ではなく、「ロロンカボチャ」です。

十勝こがね」という男爵いもに近いじゃがいもが売っていました。何と大人の手のひらサイズにやや近い大きなじゃがいもがありました。

やっぱり静かな自然と畑の周りをお散歩しながら、野菜直売所巡りも結構楽しいですよ♫

ブログを見てくださりありがとうございました🌻
ライフスタイルブログ ポジティブな暮らし