カサカサでどうしようもない唇は白色ワセリン/ヴァセリンが一番いい

本日は唇のケアについてです。乾燥した冬以外にも、いつも唇のカサカサが酷くて、リップクリームを何度塗っても改善されない。また、普段のメイクの仕上げに口紅やリップグロスを付けてしばらくすると、荒れて唇の皮が向けるほどカサカサになるのは何故か?どうすれば艶のあるふっくらとした唇になれるか?考えてみたいと思います。

カサカサの荒れ唇に最も良いケアを知る

唇の荒れで悩む筆者は、年の近い女優の井川遥さんのようなふっくらツヤツヤとした唇に憧れております。どうすれば写真に載っている女優やモデルのようなキレイな唇になれるのか?しかし、その前に、何故、唇が慢性的にカサカサになってしまうのか、まずは原因を知る必要があります。

唇の荒れと乾燥の原因・対処法とは

元々皮脂腺がなく、乾燥しがちで荒れやすい唇ですが、一時的なケア不足で荒れただけであれば再び徹底すると艶のある唇へ復活するでしょう。しかし、常に唇の荒れに悩まされ続けているようであれば、以下の深刻な原因が潜んでいるかもしれません。

一つの原因は、「接触性皮膚炎」と呼ばれ、口紅やリップクリーム、歯磨き粉、歯科治療で使われた充填物、そして、何と唾液などは、唇や口周りの接触性皮膚炎の原因になる場合があります。

二つの原因は、「アトピー性の口唇炎」で、唇や口周りにシミのような色素沈着が見られる場合は、アトピー性口唇炎の可能性があります。

上のこれらの原因ならば、市販のリップクリームをまずストップして下さい。何故なら、市販のリップクリームにはアレルギーや皮膚炎の原因物質になっている可能性があるからです。その代わり、純度の高い精製ワセリンなどへ切り替えてみて下さい。

そして、三つの原因は、「食生活の乱れによる栄養不足」です。普段から塩分と添加物を多く含む外食やコンビニ食が多いと、口内炎、ニキビ、肌荒れを併発している場合は要注意です。荒れた唇に良い栄養素はビタミンB2の含むレバー、うなぎ、納豆、ほうれん草など積極的に取ってみることです。

ワセリンHGピュアリップ

まずは、大洋製薬のワセリンHGピュアリップです。この間、明治薬科大学で行われた明薬祭の時、無料で頂きました。これを使い始めたら全く荒れないですし、無香料で飲み物や食べ物の邪魔をしません。また、おやすみ前のケアにもこれが一番最適だと思います。

ヴァセリンリップ ロージーリップス

以前から欲しいと思っていたピンクのヴァセリンリップ「ロージーリップス」を買いました。わずか7gの超ミニサイズだけにお値段は高めですが、可愛いので気に入っております。

中身もキレイなピンクで香りもチェリーローズのようないい香りです。しかし、防腐剤無添加なので安心して楽しくケアが出来ます。唇に塗った感じは、ほんのり色づく程度であり、うるおいも長持ちします。さすがヴァセリンの力です。メイク控えめで、ちょこっと外出する時にはこれが良いと思います。

まとめ

唇の荒れを予防するには、有害物質成分を含むリップクリームを控え、刺激の無いワセリンやヴァセリンで保湿ケアをすることと、しっかりビタミンB2などを積極的に取ることです。

それから、これから乾燥する冬でも適度な水分補給は大切です。

ブログを見てくださりありがとうございました💋
ブログ村 ライフスタイルブログ