『クナイプビオ オイル』全身使えるオーガニックで手頃な美容オイル

今回の美容記事はバスソルトでお馴染みであるクナイプ(Kneipp)社の凄いスキンケアについてです。前回もクナイプの『バスソルト ボタニカルセレクション』と『クナイプビオオイル バーム(ローズ)』をご紹介しましたが、今回は『クナイプビオオイル』です。顔やボディの保湿ケア、あるいはヘアケアにも使える凄い万能オイルです!

スポンサーリンク

『クナイプビオ オイル』人気の秘密

クナイプの美容オイル『クナイプビオ オイル』はアットコスメの2016年のオイル部門ランキングで何と1位でした。また、口コミ評価も高いので、その秘密を考えてみたいと思います。

『クナイプビオ オイル』の効果

『クナイプビオ オイル』は、完治したキズあとやニキビあとのケアに効果があることです。ただし、ケロイドや色素沈着のある肌ではなく、健常な状態に戻った肌のことです。また、夏の虫さされのあとにも効果があるので、虫にさされやすい筆者も今年の夏はぜひ試してみたいと思います。

その他に、肌や髪の乾燥が気になる、アンチエイジングが気になるならこの美容オイル1本で肌を健やかに整えてくれます。だから、プレママのストレッチマーク対策にも、もしかしたらセルライトにも効果が期待出来ます。しかも、ベタつかずにスッと肌に馴染みます。

『クナイプビオ オイル』は100%天然由来成分で出来ている

『クナイプビオ オイル』は100%天然由来成分できたオーガニック化粧品であること、グレープフルーツの香りが気分をリフレッシュさせます。配合されている主なハーブは以下の通りです。

  1. サフラワー油:保湿効果、テクスチャーがさらっと軽く、ベタつきにくい特徴。
  2. オリーブオイル(オリーブ果実油):オレイン酸、ビタミンEが豊富で肌細胞を活性化。肌の乾燥をやわらげ、なめらかな肌に整える。
  3. グレープフルーツ果皮油:肌のターンオーバーを整える。引き締まった弾力性のある肌に導く。さわやかな香りで気分をリフレッシュする。

また、何と『クナイプビオ オイル』はオーガニック国際認証「NATRUE(ネイトゥルー)」を取得しています。

「NATRUE」は自然・オーガニック化粧品に関する厳格な維持を目的として2007年に設立された国際的な非営利団体です。
クナイプビオ オイルは、「NATRUE」の中でも最高ランクである「オーガニック化粧品」の認証を取得しています。

『クナイプビオ オイル』の使用方法はシンプルケア

顔の手入れには、二つの方法があります。しかも、いずれも嬉しいシンプルケアです。

一つは、普段のお手入れで化粧水のあとに『クナイプビオ オイル』を1〜2適を馴染ませるだけでいいのです。でも、肌の状態によっては乳液やクリームと混ぜてもOK。

二つは、洗顔後、ブースターとして『クナイプビオ オイル』で馴染ませてから化粧水、そして『クナイプビオオイル バーム』で終了です。

筆者は、最初の化粧水で整えたあとに『クナイプビオ オイル』を馴染ませています。何と凄いことにさらっとしてしっとりが続いていることです。今までクリームで保湿を蓋をしていた時よりもいい感じ!

ボディの手入れでは、入浴やシャワー上がりの水分が肌に残った状態で手のひらにたっぷりと取り、馴染ませます。あるいは、身体の下から上へ優しくマッサージするのもOK。ベトつかないので使用後はすぐに服を着られます。

『クナイプビオ オイル』はワンコインで買える!

『クナイプビオ オイル』は20mlから500円(税抜)から買えるのも魅力です。他にも『クナイプビオ オイルローズ』、『クナイプマッサージオイル グレープシードオイル』もあります。でも、100mlでも1800円(税抜)なのでお手頃価格です。100mlの場合、顔のみ使用の場合は3~5ヶ月程度(朝晩使用)、身体のみの使用の場合は2~3ヶ月程度(晩のみ使用)、顔+身体使用の場合は1~2ヶ月程度となっています。これはあくまでも使用量によるものですが、防腐剤不使用なので開封後は1シーズン(半年程度)を目安に使い切らなくてはなりません。

まとめ

『クナイプビオ オイル』は100%天然由来成分でなので角質層にすばやく浸透し、べとつきません。保湿効果と美容効果高いので完治したキズあとやニキビあとのケアに効果があること、乾燥やアンチエイジング対策にも効果が期待されます。価格もリーゾナブルで高品質なので安心して気軽に使える美容オイルです。

次回はクナイプのムースボディウォッシュを試してみたいと思います。

ブログを見てくださりありがとうございました✿
ブログ村 ライフスタイルブログ

スポンサーリンク