東京・清瀬にある魚三九で買ったお刺身で海鮮すし丼 その②


近頃、東京・清瀬にある魚屋「魚三九」で刺し身を買いに行くのにハマっています。前回、初めてこちらで買った刺し身を使った海鮮すし丼を食べて我が家では大好評でした。とにかく、安くて、美味ししい!外食で限られたネタの寿司や刺し身を食べるより、良い魚屋へ行って、食べたいものを選んで買った方がお得です。今回は刺し身5品を買いました。

スポンサーリンク

都下の魚屋「魚三九」でまた刺し身を買いに行く

地元で人気の魚三九はいつも買い物客が多いです。中には近くで営む寿司屋や料理屋からの注文、買い出しもあるほど新鮮な魚介類が豊富だからです。さて、2度目の魚三九で買った5品とは以下の通りです。

長崎産生本まぐろ

先週末と引き続き、長崎産本まぐろを買いましたが、今回は赤身と中とろが混ざり、身に筋はなく、癖もなくて、味も本まぐろらしい風味がますます良かったです。

鹿児島産しまあじ

前回のしまあじはモチモチ感がありましたが、今回はプリプリ感がありました。やはり、しまあじは美味しいと感じました。

三重産皮はぎ

皮ハギは、肝をポン酢で溶いて食べると最高です。

千葉産平目刺し身(天然物)

平目は縁側付きです。コリコリ感があり、平目らしい上品な味わいでした。わさび醤油だけではなく、皮ハギ同様、ポン酢で食べるのもありです。

神奈川県産太刀魚刺し身

バター焼きや天麩羅は食べたことがありますが、太刀魚の刺し身は初めてです。脂がよくのっているので、噛めば噛むほどいい味が出てきます。淡白で癖がない上品な味でした。

5種類の刺し身を使った本日の海鮮すし丼

とにかく美味しい!モチモチ、プリプリ、コリコリ、ネットリ等、色々な感触を楽しめます。今回は、本まぐろが本当に美味しくて、次回は鉄火丼にしようといった案も出ました。本まぐろと言えば、スーパーサカガミでたまに売られる天然本まぐろも気になります。年末には、大間の本まぐろが売られ、前回行った時は、静岡の天然本まぐろが売られていました。近海産天然生本まぐろは、見た目が全然違います。

ブログを見てくださりありがとうございました。

クリックはご自由にどうぞ↓
にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村

スポンサーリンク