派遣会社アデコより感染防止のノベルティグッズが突然届きました

8月1日には東海・関東甲信で梅雨明けが発表され、既に西日本では35度以上の猛暑になるところもあります。しかし、今年は新型コロナウィルスが拡大し、収束どころか第2波の懸念も強まり、なかなかマスクから開放されない状態続きです。そのため、夏のマスクは非常に熱中症のリスクが高く、各メーカーでは冷感マスクが次々売られています。

スポンサーリンク

欲しかった冷感マスクがまさか派遣元アデコから頂きました

7月末、筆者の派遣元アデコから感染防止のノベルティグッズが自宅の郵便ポストに入っていました。アデコで就業されている多くのスタッフさんも頂いていることでしょう。グッズの評価は人によってどうであれ、貰えるものならば嬉しいです。既に冷感マスクを購入して着用されている方は多いでしょうが、筆者は未だに冷感マスクを検討中でした。そんな時にまさか派遣元から欲しいものを頂きました。

スポンサーリンク

新型コロナウィルス感染予防で夏のマスク問題

新型コロナウィルス感染は夏になっても拡大しており、収束の兆しさえ不透明です。当面は感染予防としてマスクの着用欠かせません。しかし、夏の本番となると問題発生です。夏にマスクすると息苦しくて余計に全身暑くなり、例年以上に汗をかきやすくなります。そうなると熱中症のリスクは高まるばかり。普段でも汗っかきである筆者はただでさえ大汗かくので通勤時などは非常に困ります。さらに、暑い時期にもマスクを着用しつづけると雑菌が増えやすくななるので「乾燥する」「ニキビが出来てしまった」という身近な人たちから話を聞いています。

スポンサーリンク

夏は熱中症予防も含めた冷感マスクを求めたい

今ではマスクの種類もすっかり豊富なってきました。さらに夏に向けての冷感マスクも登場し、中でも抗菌・防臭・UV機能のあるものも売っています。冷感マスクの求めるものはズバリ、蒸れにくい、涼しい、苦しくない、抗菌・防臭、何度も洗える、出来ればこれに付け加えてUV機能が必要です。

ただし、某記事にて帝京大学医学部附属病院 高度救命救急センター長の三宅康史先生は以下を回答しています。

「基本的に通気性の良いマスクは、マスクの役割を果たしているとは言い難いです」とし、「不織布マスクで、かつ帯電しているものがコロナ予防には優先されます」と答えた。わかりやすい基準となるのは、「全国マスク工業会」のマーク。全国マスク工業会では、米FDA(食品医薬品局)の基準に則った厳しい安全・衛生基準を設けているため、感染症予防の観点で見れば、マークのついた商品を選ぶようにするのがおすすめだという。

感染症予防を最優先しつつも、夏の期間だけは熱中症対策としてもマスクの通気性も考慮すべしです。そして、再び感染の猛威が強まるといわれる秋冬には通常の抗菌不織布マスクへ切り替えるのが良いのではないかと個人的に思います。

スポンサーリンク

アデコから頂いた冷感マスクについて

さて、派遣元から頂いた冷感マスクですが、洗って何度も使えるものです。ただし、こちらのマスクそのものに抗菌機能があるかどうかは上記の通りになります。あくまでも夏の期間として使うつもりです。

マスクの素材はポリエステル100%であり、送付の備考にはアレルギーがある方はご使用をお控えくださいとなっていました。

ちなみに製造先は写真の通り中国製です。気にするか、気にしないかは人にもよりますが、まあ冷感マスクが欲しかったし、せっかく3枚も頂いのだから良しとしましょう。

しかも、おまけにアデコオリジナルのマスクカバーと除菌シート(10枚)が付いてきて有り難いです。ちなみに、マスクカバーは銀イオンコーティングされているそうです。

以上、ノベルティグッズの贈品はアデコで在籍中の方へ対象となっています。

記事をご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク