パルシテムの冷凍食品/銀座ローマイヤのハンバーグをおうちで堪能

我が家は生活クラブとパルシテムの2つを掛け持っています。パルシテムの方が食品の品数も多く、このところはお菓子やパンもよく注文しています。おかずも日々忙しい人のためにも時短セットや冷凍食品も豊富。そのうち生協限定として名店のお惣菜まであり、毎週チェックをしています。今回はクチコミ好評の銀座名店のハンバーグを購入しました。

スポンサーリンク

銀座ローマイヤ・合挽きハンバーグ(国産牛豚肉使用) 

パルシテムの冷凍ハンバーグは「たいめいけん」や「三田屋」などの名店が週替わりです。うちでは2週間前に銀座ローマイヤ・合挽きハンバーグ(3個300g/734円) を初めて購入しました。銀座ローマイヤのハンバーグがとても美味しいとクチコミが多かったこと、個人的なことに勤労感謝の日は結婚記念日だったということで、おうちで美味しいもの食べたいと思ったからです。

スポンサーリンク

ローマイヤの創業は1921年(大正10年)より

知る人ぞ知るのかもしれませんが、ローマイヤの創業は1921年(大正10年)からであり、創業者はドイツ人であるアウグスト・ローマイヤ、東京・大崎に工場を建設し、ハム・ソーセージの製造を開始しました。当時の製品の売り出し先は帝国ホテル、精養軒、三越などです。4年後の1925年(大正14年)には銀座にドイツレストランおよび売店を開業、戦後以降、デパートの名店街やのれん街等に出店開始するまで大きく成長しました。

スポンサーリンク

ローマイヤレストラン銀座店のクチコミは満足が多い

ローマイヤレストラン銀座店についてグーグルや食べログを調べてみますと、クチコミの多くは1000円代のランチでもボリュームもあって満足度が高いようです。しかも、一等地の銀座の中でもコスパが良いようです。筆者はかつて東京23区に住んでいて、よく銀座へ足を運んだことがありましたが、今ではすっかり過去のこと。外食もしなくなったので、パルシテムの冷凍食品として銀座ローマイヤ・合挽きハンバーグを購入できることはありがたいです。

スポンサーリンク

銀座ローマイヤ・合挽きハンバーグは冷凍のまま電子レンジでOK

本品についてのお召し上がり方として、意外なことににフライパンを使う必要なく電子レンジで加熱するだけで良いのです。これもクチコミの評価にもつながっているのではないでしょうか。

まず、凍ったままのハンバーグを容器に移し、ラップをかけずに電子レンジで加熱します。加熱時間はもうひとつ上の写真をご参照ください。

本品の袋にハンバーグソースの作り方が載っています。「和風おろしソース」と「洋風ソース」のどちらかで。

筆者はソースのレシピ通りにしてみようかと思ったら、旦那のリクエストを参考にケチャップは少なめ大さじ1杯、ウィスターソースを少し多め大さじ3杯、マスタード小さじ1、隠し味程度に醤油、少しバター入れて作ってみました。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ソースに加熱したハンバーグを入れて両面を馴染ませます。

お皿に盛り、仕上げに野菜などを添えて完成です。本当に簡単に作れてしまいます!

スポンサーリンク

ひとこと

クチコミ通り、銀座ローマイヤ・合挽きハンバーグは厚みもあって満足度の高いハンバーグであることは確かです。

安心の冷凍食品を求めるならパルシテムもおすすめです。市販の冷凍食品と比べてみると違いを感じると思います。

パルシステムのお友だち紹介です。
こちらのURLから加入を申し込むとお得な紹介特典がもらえます!

▼紹介用URL
加入申し込みはこちらから


▼紹介コード
Sjm8CUc1

記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク