冷凍の海老と春雨餃子&海鮮餃子を使った中華スープ 簡単レシピ

パルシステムと生活クラブの冷凍食品を使ったレシピをご紹介します。今回は冷凍餃子です。パルシステムで買った「海老と春雨餃子」、生活クラブで買った「海鮮餃子」を混ぜ合わせて野菜たっぷりの中華スープを作りました。また、2つの生協の餃子の違いも味わってみてよく分かります。

スポンサーリンク

海老と春雨餃子&海鮮餃子の野菜たっぷり中華スープ

近頃、我が家はパルシステムと生活クラブを掛け持ちしているので、同じような商品を買って味比べしています。今回は「海老と春雨餃子」と「海鮮餃子」です。。焼き餃子ももちろん美味しいですが、今の寒い時期には鍋やスープにも最高!海鮮系の餃子には白菜やニラ、もやしなどの野菜、塩風味のあっさり中華スープはとても相性が良かったです。

スポンサーリンク

パルシステム 海老と春餃子

まず、パルシステムで売っていた海老と春雨餃子は288g(18個)で322円です。個人的には海老と春雨が好きだったので買ってみました。原材料も特に余計な添加物や化学調味料も使っていないことがポイントです。本来、調理方法は焼き餃子なので、試しにスープにしてみました。

スポンサーリンク

生活クラブ 海鮮餃子

生活クラブで何度も買ったこともある海鮮餃子は192g(12個)で400円と、先ほどのパルシステムと比べても高めですが、とても魚介類の深みある美味しい餃子です。こちらは焼き餃子よりも、蒸しとスープに最適です。

原材料ももちろん化学調味料不使用や無添加です。

具(野菜(にんじん(国産)、長ねぎ(国産)、しいたけ(国産)、しょうが(国産))、えび(インドネシア)、魚肉すり身(たら(国産)、砂糖)、いか(ペルー)、豚脂(国産)、砂糖、発酵調味料、食塩、昆布(国産))、皮(小麦粉(小麦(国産))、食塩)、打ち粉(ばれいしょでん粉(ばれいしょ(国産)))

食材の高い品質、鮮度、安全性に定評のある生活クラブ生協の食材お届け。
添加物や農薬の使用を限りなく減らした野菜やお肉、牛乳、冷凍食品などの
安心食材。毎週決まった曜日に「美味しい」をお届けします。

スポンサーリンク

材料(3~4人分)

我が家3人家族(義母・夫・筆者)なので2種類の冷凍餃子で1人当たり10個ぐらいです。

  • 冷凍 海老と春雨餃子 288g
  • 冷凍 海鮮餃子  192g
  • 白菜 葉6枚
  • 人参 1本
  • しめじ 1パック
  • もやし 2袋
  • にら 1束
  • 中華だし(粉末) 2袋
  • 塩 適量
  • 水 適量
  • ごま油 適量

中華だしはスカイフードの四季彩々です。アミノ酸等の化学調味料不使用であり、貝類、野菜、スパイスの旨味を活かし、中華料理の味を引き立てます。こちらで野菜炒めやチャーハン、中華スープなどに最適です!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
スポンサーリンク

作り方

①具材を食べやすく切っておく。

②大鍋に水を入れて沸騰させたら、中華だし、塩、ごま油を入れる。

③具材を入れて柔らかくなるまで煮る。

④2種類の冷凍餃子を入れ、蓋をして3~4分煮る。

⑤器に盛る。

※お好みに黒酢やラー油をかけると味が上がります。

スポンサーリンク

2種類の餃子を食べた結果

まず、パルシステムの海老と春雨餃子ですが、スープにした時は餃子というよりも皮の柔らかいまるでワンタンのようになり、中身の春雨など具材が飛び出てきてしまうほどです。味自体は美味しいですが、あまり海老の風味が感じられなかったのが少し残念です。(そもそも、焼き餃子用ですから…)

続いて、生活クラブの海鮮餃子に関してはしっかり皮も具材も弾力性もありました。生活クラブのいろいろな餃子を食べてきましたが、焼き餃子もスープも皮がしっかりしているものが多いです。

ひとこと

大鍋に野菜とスープが結構余りましたので、翌朝はご飯と溶き卵で中華風おじやにしました。これに黒酢やラー油をかけて食べるととても美味しかったです。

記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク