父の日だった夕食はやっぱり美味しい牛肉の焼肉・ヒレステーキでいきました!

前日6月19日は父の日であった夕食レシピの紹介です。この日の夕食は思い切って牛肉の焼肉・ステーキでいこうと、それまで義父だけのサプライズを企画しました。父の日にちなんで各商業では必ず特別キャンペーンや商品セールが行われます。今回は、近所のスーパーのチラシで美味しそうな牛肉を見つけ、それを買いに行った後は調理しました。

スポンサーリンク

近所のスーパーで買った銘柄牛・国産牛

父の日ということで、近所の二軒のスーパーで牛肉を買いました。一軒目は父の日の広告の品だった銘柄牛(上州和牛)、二軒目は北海道産の国産牛ヒレステーキです。

群馬県産 上州和牛霜降肩肉

一軒目のスーパーでは父の日の広告の品として群馬県産 上州和牛霜降肩肉を買いました。この肉はすき焼きやしゃぶしゃぶにしても美味しそうと思いました。

北海道産 国産牛

別のスーパーで買った北海道産 国産牛です。ゴールドシールには味のよい和牛の雄牛とホルスタインの雌牛との牛肉となっていました。

本当は後のステーキを買うつもりはありませんでしたが、陰でダンナが上州和牛の焼肉だけでは絶対に足らないということで、北海道産の国産牛ヒレステーキを追加しただけでした。。。結局、この2種類で焼き肉およびステーキの欲ばりおかずとなってしまいました。(苦笑)

上州和牛の焼肉・北海道産 国産牛ヒレステーキでの欲ばりレシピ🐄

父の日以外でも、牛肉の焼肉かステーキの両方を食べたいこともあります。以前も何度かこのような感じです。

上州和牛の焼肉・北海道産 国産牛ヒレステーキでの欲ばりレシピ

牛肉を焼く前に準備

1.オリーブオイルをひいて熱したフライパンで、スライスしたにんにくをカリカリに炒める。その後はいったん皿へ移す。

1.オリーブオイルをひいて熱したフライパンで、スライスしたにんにくをカリカリに炒める。その後はいったん皿へ移す。

2.次にスライス玉ねぎをサッと炒めてから、1と同様に皿へ移す。

2.次にスライス玉ねぎをサッと炒めてから、1と同様に皿へ移す。

3.30分間常温のままにした牛肉に岩塩とコショウをふっておく。

3.30分間常温のままにした牛肉に岩塩とコショウをふっておく。

我が家オリジナルの焼肉・ステーキソースを作る

小さな鍋にすべてすりおろしたにんにくと玉ねぎ、りんごを入れ、合わせ酢少々、赤ワインを適量、生醤油を少々加えて火を通す。

詳しいレシピは前回にも投稿したステーキブログをどうぞ。

我が家風ステーキのレシピ

群馬県産 上州和牛霜降肩肉を焼く

1.フライパンに塩コショウ済みの霜降り肉を熱する。

1.フライパンに塩コショウ済みの霜降り肉を熱する。

2.霜降り牛肉は赤みがかすかに残る程度で火を止める。※あまり焼き過ぎると肉が硬くなる。

2.霜降り牛肉は赤みがかすかに残る程度で火を止める。※あまり焼き過ぎると肉が硬くなる。

北海道産 国産牛ヒレステーキを焼く

1.塩コショウ済みのヒレ肉を熱したフライパンで90秒熱し、裏返してやく60秒くらい熱する。

1.塩コショウ済みのヒレ肉を熱したフライパンで90秒熱し、裏返してやく60秒くらい熱する。

2.両面サッと熱したひれ肉をフライパンからおろし、アルミホイルで10分くらい置く。(余熱でじっくり旨みを出すため)

2.両面サッと熱したひれ肉をフライパンからおろし、アルミホイルで10分くらい置く。(余熱でじっくり旨みを出すため)

3.10分後、再びフライパンで両面を香ばしく仕上げる。

3.10分後、再びフライパンで両面を香ばしく仕上げる。

仕上げ・食べた感想

牛肉を焼いた仕上げ

皿に温野菜など盛り、焼いた霜降り肉とヒレステーキに玉ねぎとカリカリにんにくをのせ、最後にオリジナルソースをかけたら完成!

両スーパーで買った牛肉を調理して食べてみたら結構美味しかったです。選んだ牛肉も当たりだし、オリジナルソースは我が家の大定番となっています。父の日の夕食、肉好きの義父は大喜びでした(^^♪翌日でもずっと感謝されまくりです。また、ダンナも美味しい牛肉が好きなので、こういう父の日などの特別な日にスーパーのチラシでいい牛肉を狙った部分もありました(笑)

ブログを見て下さり有難うございました。
ブログ村 いろいろなグルメ

スポンサーリンク