スーパーの割引で買った仙台黒毛和牛にてステーキレシピ

本日は牛肉ステーキのレシピです。ステーキは何度もチャレンジしており、過去のブログにも載せています。ステーキは一見簡単なようで意外と難しいし、下ごしらえも大変です。しかしながら、家族が美味しいと喜んでくれれば食事の作り甲斐があります。特に、牛肉ステーキは最もテンションが上がってしまうおかずの一品ですから!

近所のスーパーにあった仙台黒毛和牛が何と!4割引きにてGET!

先日のお盆休み期間、近所のスーパー(いなげや秋津駅前店)にて1日限定にてお肉が4割引きの日がありました。今回は仙台黒毛和牛のリブロース厚切り(412g)を一つ買って調理することにしました。

仙台黒毛和牛

仙台黒毛和牛のステーキレシピ 🐄

夏の疲れ気味に、牛肉ステーキを食べてパワーあげました。

仙台黒毛和牛のステーキ

使用した材料

  • 仙台黒毛和牛のステーキ・・・412g
  • ニンニク・・・2個
  • 玉ねぎ(小)・・・1玉
  • りんご・・・1個
  • りんご酢・・・少々
  • 赤ワイン・・・適量
  • 醤油・・・少々
  • 岩塩・・・少々
  • ブラックペッパー・・・少々
  • ぶなしめじ・・・1パック
  • カラーピーマン・・・3個
  • にんじん・・・3本
  • 砂糖・・・少々
  • だし醤油・・・少々
  • オリーブオイル・・・適量

作り方

前回のブログも載せておきます。ご参照下さい。

内部リンク我が家風ステーキのレシピ

1.まず盛り合わせを作る。ぶなしめじとカラーピーマンをオリーブオイルにて炒める。その時、人参グラッセも作る。

1.まず盛り合わせを作る。ぶなしめじとカラーピーマンをオリーブオイルにて炒める。その時、人参グラッセも作る。

簡単にんじんグラッセ:にんじんをカットした後、耐熱容器に入れ、水と砂糖少々、だし醤油少々を加えてラップをしてからレンジで茹でるのみ。
我が家の和風特性ステーキソース:小さな鍋にすりおろし済みのりんご、玉ねぎ、にんにく、りんご酢少々、赤ワイン適量、醤油少々を加え、しっかり加熱しておく。
2.ステーキ用のカリカリにんにくを作る。

2.ステーキ用のカリカリにんにくを作る。

3.30分常温に戻した牛肉に岩塩と黒コショウをふる。

3.30分常温に戻した牛肉に岩塩と黒コショウをふる。

4.牛肉を焼く。今回はミディアムにするので、強火で30秒、弱火で2〜3分、ひっくり返して強火で30秒、再び弱火で2〜3分という順。

4.牛肉を焼く。今回はミディアムにするので、強火で30秒、弱火で2〜3分、ひっくり返して強火で30秒、再び弱火で2〜3分という順。

5.既に付け合せ済みの皿に、焼いてカットしたステーキを盛り、にんにくをのせる。そして、仕上げに特製ソースをかける。

5.既に付け合せ済みの皿に、焼いてカットしたステーキを盛り、にんにくをのせる。そして、仕上げに特製ソースをかける。

ひとこと

そういえば、前回もステーキを焼く日、私自身はとても体調がいまいちでした。また今回も同じです。しかも、夏の蒸し暑いキッチンで調理でしたので、余計にだるい気分でした。しかしながら、家族の為に気力で調理し、結果的には義理両親とダンナは喜んでくれました。今回は何と!仙台黒毛和牛(厚切りリブロース)でしたから、お肉はややとろけそうなくらい最高でした!調理した当日の夕食は、お肉を全部を食べるのがもったいなく、もっと食べたいところで腹八分目!朝食のために少し残しました。

朝食のためにミニステーキ丼!

朝食のためにミニステーキ丼!

ブログを見て下りありがとうございました🍴
いろいろなグルメブログランキング