やっぱり転職・・・

もうすっかり2月に入ってしまいました。今年も私の周りにはいろいろな出来事が起きている最中ですが、これは主の恵みによるものだと実感しています。人はつね試練を経験した方が良いと思うのです。いままで、試練を知らないで生きてきた人はイザ!となると一気につまずいてしまい、大切なものまで自ら逃してしまうケースがあると思うのです。もし、私の実家が比較的裕福で試練がなくて何事もトントン拍子だったら、主を求める必要もなかったことでしょう。だから、私も幼少期~独身時代に沢山試練を体験して良かったと思います。

つまり、主は「わたしを求めよ」とおっしゃられているように、聖書では「いつも喜んでいなさい。絶えずに祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。(Ⅰテサロニケ5:16~18)」という御言葉を思い浮かびます。しかし、それでも時々忘れて不平不満を言うことが何度もありますよ~。特に仕事です。

せっかく主が導いて下さった近所のパート先…(もともとは事務系派遣社員希望であり、条件の良い派遣先が決まるまでの一時的非難の仕事であった。)、フルパートで低時給でありながら無理だと思う作業も結構あるのです。社員の方から無条件(予期せぬような)な依頼、社内の行いがバラバラでスムーズでないと、私自身の罪からくる怒りや苛立ちをあらわしてしまいます。言葉だと結構乱暴ですから、周囲に気分悪くさせないように社内メール中心に攻撃しています。幸いにも、今の職場では間違っていると思うことや意見をはっきり伝えると、社員の方はすぐに答えて下さったり、次の日は驚くほど頭を下げに来たりするのです。この部分は本当に主に守られています。でも、残念ながら根本的に社内の連携と指導については解決につながっていません。

何故なら決して大きくない会社ですから、社内人達もそれぞれ作業に追われて余裕も少ないだろうし、大手や優良企業のように組織やしっかりしたマニュアルがまだ出来上がっていないので仕方がないような感じがします。つい最近、私の所属している部署名と組織が変わったばかりなのでまだまだ完成まで発展途上の状態だと思います。ですから、今はちょうど大変なので、パートの時給と仕事内容がだんだんかみ合わなくなりつつあります。近頃は、仕事によるストレスと苛立ち、さらに2度も体調を崩してしまいました。病み上がりもずっと食欲が無く、朝の通勤もゆっくり会社まで通うようになりました。このような私の姿を見ていた夫は驚いています。

以前、派遣社員の時はこのようなことは全くありませんでした。各就業先まで通勤が近い遠いにも問わず、高時給でとてもやりがいのある仕事を経験してきたからです。体制とマニュアルがしっかりした大手企業での仕事は非常に快適でした。

とにかく、今の仕事は私自身の心身に拒否反応が起きているので、この厳しいご時勢でありながらも、これはもう転職を考えるべきだと思うようになって、今は、毎日主に全てのことに打ち明けながら祈り続けています。とにかく、悪魔を喜ばせる不平不満から爆発する前に、パートを続けながらでも焦らす気長に次の道を探していこうと思います。もちろん、今の職場のためにも祈っています。

私は、人には相談しません。人はみな生まれながらにして罪人であり、人はイザとなると無力だからです。私が一番信頼出来るの主ただお一人のみです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ