放射性物質の水道水

松戸市の2浄水場から乳児基準上回る放射性物質 金町は基準以下に

産経新聞 3月24日(木)12時44分配信

千葉県水道局は24日、松戸市に水道を供給している栗山浄水場などで、1歳未満の乳児の摂取制限の暫定基準を上回る放射性物質を検出したと発表した。

乳児の基準となる1キロあたり100ベクレルを超える放射性物質が検出されたのは、松戸市の「ちば野菊の里浄水場」と「栗山浄水場」。それぞれ1キロあたり「野菊の里浄水場」で220ベクレル、「栗山浄水場」で180ベクレルが検出された。

首都圏では、東京都葛飾区の金町浄水場、埼玉県川口市の新郷浄水場からも乳児の摂取基準を超える放射性物質が検出されたが、金町浄水場では24日の調査で、放射性ヨウ素の値が1キロあたり79ベクレルと基準値を下回った。

首都圏全体でも、あいついで放射性物質が広がっているとメディアは何度も騒いでいる。巨大地震発生時に起きた福島第一原発事故の対応は今でも不透明な部分が多すぎる。放射能漏れについてはどの位深刻なのかを政府と科学者達は、日本国民の間で大騒ぎにならないように隠し続けていることが明らかである。しかし、米国では今回の巨大地震と同時に福島第一原発大事故が発生したことには大変驚きであり、また、日本の甘い考えより深刻な大問題としてとらえ、さらに世界中にも広がってしまった。本当に、まさか我が国日本が大惨事になるとは、たいていの人達は思いもしなかったであろう。

昨日23日には東京都葛飾区にある金町浄水場に放射性物質が検出・・・。もう、どこの水も一緒だと思う。乳児の基準に合わせた放射能物質数値というのは、はっきりいって疑問である。安全なら安全とか危険なら危険とか、日本特有のあいまいさを感じている。さらに、政府は乳児のためのペットボトルミネラル水を配布すると言っているが、それだけでは水道水問題を解決するわけではないと思う。乳児だけではなく、大人達も水道水に関して不安があることも考慮しなければならない。

しかし、ペットボトル水もチェックが必要である。ペットボトル水もいろいろな産地があり、ミネラル濃度や成分も異なるなので、乳児にペットボトル水を与える場合には細心の注意が必要である。水道水だが、たいていの家庭では浄水器があるが、浄水器の水を飲むことでも放射性物質で不安になる人はいるのだろうか・・・?その以前に、値段ピン切りの浄水器でお水を満足頂けた人はどのくらいかも知りたい。でも、いずれも一番は水を一度沸かして飲んだ方が無難ではないかと思う。

最後に、国民は何でもかんでも政治に頼ってはならない。これからは、我が身は自分自身で守らなければならない時代である。子供達も大人の国民達が守るべきである。これからも、信じられない出来ごとが沢山起こりうるので、普段のうちにいろいろと備えたり、自分で物事工夫していくことも大切だと思う。

全能なる神様、我が国日本が滅ばないように助けて下さい!被災者も含めて日本国民の生活と安全をお守りください・・・。そして、原発の放射能問題を一刻も早く解決出来ますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村