食べすぎ注意!北ポプラ 柳月のピーナッツ入チョコバー1本で大満足

昨年末、北海道の人気・定番お菓子を味比べの記事を載せています。その追加で、和菓子・洋菓子の製造及び地元イタリアンレストラン「トスカチーナ」の経営している柳月(りゅうげつ)です。前回の記事で三方六の濃い白小割をご紹介しましたが、さらにボリューム感のあるお菓子が北ポプラのピーナッツ入チョコバー7本入です。

スポンサーリンク

北海道のポプラ並木をモチーフにしたサクサクチョコがたまらない!

スポンサーリンク

柳月のこだわりについて

三方六の小割で有名な柳月は、「お菓子はもっと気軽にたべられるもの。」、日常的に家庭の中にお菓子が入っていける「美味しくて手頃な価格」の追求を続けているようです。

柳月がこだわっていることは、例えば、三方六の小割が開発されたのは次の通りです。

北海道開拓時代、開墾のための伐採が各地で行われて、まっすぐな木は建築のために、その他は薪に割り、厳しい冬の燃料としました。

木口のサイズ三方が、それぞれ六寸(約18センチ)であったため、「三方六」と呼ばれ、三方六の薪があかあかと燃える裸火の炉の灯を囲んで団らんをし、疲れをいやしたのです。

今に聞かれる「三方六」とは薪の割り方の基準であったのです。

食べすぎ注意!北海道の人気・定番お菓子を味比べ
今は旅行してもしなくても、いつでもネットで簡単にその土地の銘菓を取り寄せることが出来ます。特に、北海道は何でも美味しい食の宝庫です。又、北海...

さらに、柳月は各原材料にもこだわっているようです。

お菓子作りで使用する砂糖は十勝のてん菜(ビート)です。てん菜は日本ではあまり一般的ではないですが、お菓子作りの盛んなヨーロッパでは、お砂糖といえばてん菜糖というくらい有名で、キメが細かく舌触りがよい上品な味わいになるので、お菓子作りには最適だそうです。

小麦は地元産を使用。柳月のスイートピア・ガーデンがある十勝・音更町は、日本一の小麦の産地。音更産を含む北海道産の小麦粉は粘りが強く、お菓子には不向きといわれてきましたが、製粉や製菓の工夫で、その思いが三方六で実現したのでした。

卵は広い大自然で育てられた親鶏の卵を使用し、生クリームやバターなどの乳製品も酪農王国・十勝のものを使用しています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

柳月の和菓子作りは、有名な十勝の小豆を使用しています。

さすが、北海道の中にある銘菓店の一つといえるでしょう!

北ポプラの特徴

今回は、もう一つ追加で取り寄せた北ポプラのピーナッツ入チョコバーです!

箱を開けた時、北の大地とポプラの木について説明がありました。北海道開拓時代、ポプラはアメリカから持ち込まれ、大地に植えられたようです。

ポプラといえば、筆者自身の事ですが、歌手の中島みゆきさん(北海道札幌市ご出身)が歌っていた「家なき子」主題歌である「空と君のあいだに」の最初の歌詞を思い浮かべます。

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむようなことは言えなくて・・・・

ちょっと、寂しい気持ちとなる箇所ですが。

というわけでお話をずらして失礼いたしました。

さて、チョコレートバーはしっかりと個包装になっていて、ちょっと小腹が空いた時には少しずつ食べられるのが良いです。

早速、個包装から開けたチョコレートバーは見た目だけでも、確かにボリューム感はあります。

食べてみると凄く美味しいです!ピーナッツやコーンパフがたっぷり入ってサクサクな食感です。しかし、1本だけでもカロリーがあるので、朝食から午後3時のおやつまでの間にしておいたほうが良さそうです。

本当に美味しいので、くれぐれも食べすぎご注意です。特に、在宅勤務中でずっとデスクに向かっている方がこれを食べた後は、カロリー燃焼のためにも適度に体を動かすこともすすめます。

気になる原材料について

北ポプラの原材料は、乳化剤以外は特に問題ありません。又、1本あたりのカロリーは154カロリーとあります。

ただ、ちょっと気になったのは、北海道銘菓であるのに製造所が埼玉県草加市にある(株)フクイとなっていることです。おそらく、柳月の商品作りをこちらで委託しているのだと思います。

以上、もし、お土産など買った場合、満足感のあるピーナッツチョコバーなので1本ずつ上手に味わって食べましょう。

記事をご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク