【きよせの野菜】紫さつまいもでスイートポテト作りにチャレンジ!

自然や畑が多く残る東京都清瀬市の直売所で売っていた地元の紫さつまいもを買いました。もちろん、煮て食べても美味しいですが、試しに紫のスイートポテト作りにチャレンジしてみました。スイートポテトは人によって形など様々ですが、基本が分かれば難しくないと思います。

紫さつまいもでスイートポテト レシピ

筆者が作った紫スイートポテトですが、加熱したさつまいもをこさずに潰し、皮に詰める形にしてオーブンレンジで焼きました。東京・清瀬の畑で作っている紫さつまいもは新鮮でしっかりしており、しっとりホクホクな食感で自然なさつまいもの甘みがあります。それでは、独自の作り方を公開します。

材料

  • 紫さつまいも・・・3本
  • 生クリーム・・・大さじ4
  • ミルク・・・大さじ5
  • バター・・・適量
  • てんさい糖・・・適量
  • 卵黄
  • 溶き卵・・・(艶出し用)

作り方

1.皮付きのさつまいもを一本ずつラップに包み、耐熱皿に入れてレンジでよく加熱する。

2.1を縦半分(太くて大きい物は四等分)切り、皮を傷つけないように、身をスプーンでくり抜き、ねっとりするまでよく潰す。再び、レンジ「600W」で約2分加熱する。

その後、バター、てんさい糖、ミルク、生クリームを入れてよく混ぜ合わせる。

3.さつまいもの皮に2を形よく詰める。形を整えたら溶き卵をハケで表面をそっと塗り、クッキングペーパーをしいたレンジ用の深角皿に並べる。

4.オーブン機能で「250℃」で約20〜25分加熱する。

おまけ!付け合せのカステラについて

スイートポテトの付け合わせているこのカステラは、スーパーいなげやで売っていた紅葉堂の「ハチミツ入りカステラ切り落とし」です。中身は4本の切り落としが入っていてお得です。

さて、気になる原材料ですが、写真の通り卵、小麦粉、水飴、砂糖、蜂蜜、カロテン色素のみで、安心して食べられるカステラです。

ちなみに埼玉・嵐山にある紅葉堂と言えば、以前の記事でもご紹介したことのある生活クラブの「どら焼き」です。

嵐山(埼玉)の銘菓 紅葉堂どら焼き 生クリームなると金時
嵐山(埼玉)の銘菓 紅葉堂どら焼き 北海道ミルクサンドが絶品!

中身の長くカットしたカステラです。味は上品な甘さでフワッとした食感です。ここに生クリームをのせても美味しいです。

ブログを見てくださりありがとうございました🍠
グルメブログ いろいろなグルメ