国産牛(宮崎県産)A4ランクの切り落としで肉じゃがを作る

今週も5日間お仕事し、やっと週末となったのですが、夕食のおかずはどうしようと考えたら牛肉が食べたくなりました。しかし、毎回おかずを考えるのも面倒ですし、家族で食べるコスパを考えると作り置きが一番が良いと思うので、結局は牛の肉じゃがを2〜3日分作ることにしました。

スポンサーリンク

宮崎産の牛肉Aランク切り落としを味わってみる

宮崎県産の牛肉

肉じゃがを作るのに今回近くのスーパーに入っている肉のジャンプコーナーで3割引きになっていた国産牛(宮崎県産)A4ランクの切り落としを多めに買ってきました。一般的に宮崎県産の牛とは宮崎県で生産されている和牛といった感じです。ちなみに銘柄の「宮崎牛」は「宮崎県産の黒毛和種であること」で別物です。決して黒毛和牛ではないのですが、それでも普通の国産牛A4ランクは珍しいものです。

スポンサーリンク

A4ランクの国産牛で肉じゃがレシピ

用意した材料(3〜4人前の2〜3日分)

国産牛Aランク切り落とし(宮崎県産) 1kg
じゃがいも 5個
にんじん 2本
新玉ねぎ 3個
しらたき 400g
4カップくらい
大さじ2
みりん 大さじ3
だし醤油 大さじ4〜5
砂糖 適量
どじょういんげん 適量

作り方

1.じゃがいもは2〜3等分、にんじんは乱切り、玉ねぎはくし切りにする。しらたきは湯通しした後、食べやすく切る。

2.温めた鍋で牛肉を炒め、色が変わり始めたらお酒を入れてほんの数分蒸す。

3.軽めに炒めた牛肉を一旦お皿へ移す。

4.残った肉汁(脂身)で、にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、しらたきも入れて炒め合わせる。

5.水を入れて沸騰したら、だし醤油、みりん、砂糖を加えて蓋をし、約15〜20分煮る。

6.じゃがいもやにんじんが柔らかくてなってきたら②を馴染ませるように入れて軽く煮る。

7.肉じゃがの仕上げには既に茹でたどじょういんげんを入れて完成。

スポンサーリンク

我が家のポイント

今回、国産牛A4ランクの細切れは結構脂身が多いので、炒める時はそのまま脂身で十分です。その肉汁でにんじん、玉ねぎ、じゃがいも、しらたきを炒めました。そのA4ランクの肉質とは、黒毛和牛ではないのに癖もなく、甘みもあって、柔らかいものでした。しかも、胃にもたれません。高齢の義母は部分入れ歯なのですが、とても食べやすく、ごはんが進むど大絶賛していました。大鍋一杯作った肉じゃがは鍋ごと扇風機に当ててしっかり冷ました後、冷蔵庫に入れておくと2日間はもちます。やっぱりおかずの作り置きは楽です。

記事をご覧頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク