ヨーグルト大好き♪美肌・美白の効果のあるヨーグルトを積極的に摂取

yoğurt photo

いろんなメーカーのヨーグルトが沢山並んでいますが、我が家では生活クラブで注文しているヨーグルトや市販のヨーグルトなどを毎日のように食べています。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌と相性の良いオリゴ糖をかけたり、各無添加のジャム、フルーツコンポートをかけたりします。そのヨーグルトについていろいろと考えてみました。

スポンサーリンク

ヨーグルトについて知識や美肌・美白効果を知る

yoğurt photo

ヨーグルトはそのまま食べてもおいしいけど、インドカレーやタンドリーチキン、ラッシー、ザジキ(ギリシャ風きゅうりとヨーグルトのディップ)などに活用しています。

ヨーグルトについて豆知識

ウィキペディキュアによると、ヨーグルトの起源はヨーロッパ、アジア、中近東にかけての様々な説があり、およそ7000年前とされているそうです。生乳の入った容器に環境常在菌である乳酸菌が偶然入り込んだのがはじまりと考えられているとのこと。

ヨーグルトと呼ぶ名は、トルコ語で「yoğurt」から来ているようです。水牛、山羊、羊、ラクダなどの乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させる発酵食品の一つです。普段、私たちがヨーグルトを食べる時に水分がありますが、これを乳清(ホエー)と言ってとても栄養のあるものです。だから、ホエーは絶対に捨ててはもったいないです。

ヨーグルトの効果といえば

ヨーグルトの効果といえば、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、便秘を改善したり老化や生活習慣病などの病気を防ぎます。ヨーグルトは各市販ものがありますが、含まれる乳酸菌の種類も様々です。ですから、自分の腸内環境にあったヨーグルトを選び、出来るだけ同じ銘柄で続けたほうが効果的のようです。これには、筆者も全く知りませんでした。

ヨーグルトのホエーにも注目すべし!

ホエーにはアミノ酸(グルタチオンン)を増加させる効果もあるようです。グルタチオンンは、何と活性酸素の働きを抑制させるため、アルツハイマーやがん予防にもつながるそうです。つまり、アンチエイジングにはかかせない大事なものです。さらに、ホエーには満腹感を脳に伝えるホルモンであるグリコマクロペプチドが含まれているため、ダイエット効果も期待があるのです。その他にも、ホエーのタンパク質には眠誘発作用や鎮静作用もあり、体だけではなくメンタル面に対しても有効のようです。

ホエーはそのままヨーグルトに混ぜて食べてもいいのですが、ホエーにハチミツやレモン汁を加えると美味しいサワードリングが出来てしまいます。また、パンやお菓子作りの際にホエーを入れるとふっくら感が増すようで、ホエーの酸味を生かしてトマトスープなどにもアレンジもおすすめです。

ヨーグルトパックを試そうかと

最近、ヨーグルトを食べるのみではなく、お肌にヨーグルトパックをチャレンジしてみようかと思っているところなんです。ヨーグルトパックについてネット検索するといろんな独自の方法があって迷いますね・・・。それと人気のある盛田屋の豆乳ヨーグルトパック『玉の輿』も気になってなりません。評価もそんなに悪くないようです。ヨーグルトパックをすると毛穴も目立たなくなり、美白効果あることはいろんな口コミでみてみるとどうやら事実らしいです。私自身もともとは色白なのですが、この頃、年齢を重ねていく上でシミやソバカスがハッキリ!目立ち始めて気になっているところなのです。良い美白パックを買おうと思うと・・・結構高価だし、それなら手作りのヨーグルトパックが一番かと思うのです。安上がりで無添加だし、しかも効果があるなら凄いです!その前に一度だけ盛田屋の豆乳ヨーグルトパックを買って是非試してみたいと思います!とにかく、毛穴を無くしてシミやソバカスが薄くなって欲しいと願います。

ブログを見てくださりありがとうございました🐮

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク