心のケア一覧

心のサプリは聖書のみことば:神を待ち望む者

この世の中で生きている間はいろんなことが沢山あります。また、競争の激しい現代はとても働きにくい、生きにくい時代です。だから心身ともに疲れ切っている人は数え切れないでしょう。そこで前向きに生きていくヒント、つまり心のサプリは聖書のみことばの中からあります。

記事を読む

辛いことは一を足せば幸せになる鍵がある

数年前にこの世を去った、女性演歌歌手の島倉千代子さんが歌っていた「人生いろいろ」がありました。生きている間は楽しいことばかりではなく、辛いこともあります。むしろ、どちらかというと辛いことの方が多いと思います。しかし、一人ひとりの苦しみはそれぞれ違うけれど、それをどう向き合っていくかが本当の幸せを見つけることが出来ます。

記事を読む

アンチエイジング お肌の手入れの仕方によって将来は決まる

私の実母はアンチエイジングのために数々のブランドの基礎化粧品を使いつつ、美容整形にてメス入れながらリフティングしました。一方、義母は美容整形でメスを入れることやエステを受けず、いつまでも同じ国産メーカーの基礎化粧品を一筋できました。さあ、皆さんだったら若々しいお肌のためにどっちの道を選択しますか?

記事を読む

ただ単純!家の掃除や片付けを行うことによってストレス解消効果を実感

どんな小さなことでも不安だったり、些細なことで心配したり、無駄な事を考え込んだり、何だか不調なこともあるでしょう。こういう時は体を動かすと気分がスッキリするのです。特別なスポーツやフィットネスを無理に行う必要はありません。単純に家の掃除や片付けを行うだけでストレス解消となった私自身の体験をご紹介します。

記事を読む

人生は舞台 人間一人ひとりが主役

人生は舞台。人間一人ひとりが主役。当然の如く舞台に穴が開いて、様々な困難にあうことが必ずある。失敗・病気・事故・災害・失業・愛する人など失うことなど。これらをどのように乗り切るかはその人の心の持ち次第と言えるでしょう。

記事を読む

春の青い花を描いてみる2

先日より、青い花をあまり慣れていないペンタブレットでチャレンジしている最中です。前回のブログ『春の青い花を描いてみる1』の続きとなります。

記事を読む

春の青い花を描いてみる1

春の花といえば、桜・チューリップ・たんぽぽ・ツツジなど沢山あげらると思います。どれもキレイな花ですが、私自身は青い花が好きです。春の青い花をググると結構ありました。すべての花には花言葉がありますが、私はよく知りません。

記事を読む

NO IMAGE

ポジティブになる道 その2

この世では前向きに生きている人はどのくらいいるのでしょう?逆に、不平不満をかかえながら生きている人はどのくらいいるのでしょう?たぶん、後者 の方が割合が広いかもしれません。不平不満の多くは「あらゆる人間関係(特に夫婦や社会・職場など)」「経済」「自分の地位(他人と比較)」など山ほどあ るでしょう。これらを人(多くは占い師や心理カウンセラーなど)に相談したり、何とか自分でスピチュアル的な本を読みなが...

記事を読む

NO IMAGE

ポジティブになる道 その1

人は誰でも幸せを求めています。この世では、沢山の心理カウンセラー関連の本がありますよね。最近では、いくつかマンガで出版されているものも目立ちます。そのうち某スピチュアルカウンセラーより一部印象に残る箇所は以下の通りです。 こうしたいと決める イメージをしっかりもつ 一旦、すっぽり忘れる(ゆだねる) いい気分になる(願いが叶ったイメージで喜ぶ) これらはとても良いことだ...

記事を読む

NO IMAGE

契約の虹を実際見た

今日からやっとゴールデンウイーク!普段、一日の大半を拘束時間の長い職場から少しの期間だけホッとする5連休。この間、とても印象に残ることがありました。 先月中旬、職場では年に数回の社内研修が行われました。この研修は人数制限のため、同じ研修を2度行ないます。各部署の人数分けは上司が決めるのですが、毎回誰と一緒に受講するのか分かりません。今回、同性の私にしてみれば思わしくない女子の群れとの受講でし...

記事を読む

NO IMAGE

受けるよりも与える方が幸いであるはまさに正しい

人間関係を良くする、つまり、良い人脈作りとは人々に良い種を蒔くことが大切だとこの頃強く思う。例えば、どんな人でも心から受け入れ、笑顔で挨拶したり、 気配りが出来、仲良くなれた人には自分の家に招待をしてもてなしたり、喜ぶようなプレゼントをあげたり・・・そうすることによって相手からも色々と援助してもらえるようになっているのを私は身近なところで何人か知っている。 一方、人付き合い苦手で人脈のない...

記事を読む

NO IMAGE

新しい出会いの一歩

おととい、一人で初めて他の超教派教団での日曜礼拝に出席して来ました。たまには違う教会へ足を運ぶことは気分転換になれるし、その教会で沢山のことが学べるからです。さらに、新しい信仰の友達にも出会えるチャンスが広がります。きっかけは、毎週土曜日(朝8時)の埼玉放送でクリスチャン番組「ライフ・ライン」を観ていた義母から、東村山市にとても良さそうな大きな教会があり、その教会でイタリア料理教室など奉仕活動をさ...

記事を読む

NO IMAGE

お金をかけず真の美しさ磨いていく研究

多くの女性はいくつになっても若々しく美しくありたいという願望があることでしょう。私の実家の母ですが、私よりも元々可愛らしい美人でした。その実母も何だかんだ今年で還暦です。母は今でも若くキレイなのですが、職業上(夜の水商売経営)からいつもブランド服を着て濃い目のメイクをしています。さらに美容クリニックへ足を運び、メスを使って肌のしわやたるみを伸ばしているのです。このことを義母に話したら「あらっ!あな...

記事を読む

NO IMAGE

Sinead O’Connor – In this heart Lyrics

In this heart lies for you A lark born only for you Who sings only to you My love My love My love I am waiting for you For only to adore you My heart is for you My love My love My lov...

記事を読む

NO IMAGE

平安の祈りを初めて見つけた

私はある各サイトやブログをみて、ラインホールド・ニーバーという人の短い祈りを初めて知りました。これは、米国や日本でも有名な祈りとは全く知りませんでした。ニーバーの祈りは「平安の祈り」もしくは「静穏の祈り」ともいわれるそうです。日本語ではそれぞれ翻訳の仕方は異なると思いますが、短くて意味深い素晴らしい祈りだと思います。ここでは、私が調べた限りいろんな翻訳文を一部のみまとめてみました。他にもそれぞれの...

記事を読む

NO IMAGE

今あるもので満足しなさい

日本女性の多くはオシャレやメイク、美容などにとにかく気合入っていても、彼女達の表情はどこか暗い感じがします。最近、若い女性の間では痩せ体型が増えているという医学的ニュースをよく聞きます。世界からみれば、日本女性は痩せすぎていると言われているそうですが、確かにそう思います。彼女達はただスマートになれば、キレイ(かわいく)なれるとか、異性にもてるかもしれないとか、ファッションも楽しめると思い込んでいる...

記事を読む

NO IMAGE

試練だけではなく心の慰め場もある

今年の日本は大地震・津波、福島第一原発事故、風評被害、計画停電、自粛ムード、雇用悪化、各地季節外れの異常気象、浜岡原発原子炉停止…。 今年の我が家周囲は、一月に義父の救急車騒動、義理の従弟緊急入院、3・11の後夫が救急車、計画停電によるストレスと無気力…その他教会関連では兄弟姉妹が次々と病気との試練など・・・。 これらの激動年の中、試練ばかりではなく神様の大きな御恵みと祝福が頂けました...

記事を読む

NO IMAGE

なるべくシンプルメイクでいたい

日本女性は、世界の中では一番メイクやコスメにお金をかけているということをネットで知り、私は大変驚きました。しかも、アジアの中でも、特に日本女性は普段から濃いメイクが多い傾向らしいです。(ただし、中には逆にメイクやオシャレなど興味持たない女性もたまに存在します。)日本の間では、流行中の目ヂカラとかデカ目メイクが大ブームに思います。毎日、長い時間をかけてアイシャドウから濃いアイライン、さらに面倒なつけ...

記事を読む

わきまえと冷静に

この頃、毎日のように強風が続いています。家にいると「あれ?地震?それとも風?」と思えるくらいミシミシとした音や小さい揺れを感じる事が多いです。いつも、最近流行の強震モニタは夫と一緒にチェックをしています。このモニタは大きな地震が来るとすぐメンテナンス中と表示されたり、大勢の人達がアクセスをするから更新情報も全くつながらなくなることが多いですね。 防災科学技術研究所 そこで途中より、US...

記事を読む

NO IMAGE

真のプロポーションとは?

昨日、毎年4月に行われる会社の定期検診を受けました。とくに身長と体重は毎年違うものですね。体重も増えたり減ったり、身長も伸びたり縮んだりです。私の場合は基本的にはほぼ変わりはありません。お恥ずかしいですが、現在、私の身長は163cmの体重55.5㎏でガッチリの中肉中背です。ただし、バストは貧弱でヒップは大きいのが大きなコンプレックスです。さらに、以前は体重オーバーの時期もありました・・・。 ...

記事を読む